バイトをばっくれた後にそれまでの給料を貰う方法

バイトをばっくれた後にそれまでの給料を貰う方法

バイトをばっくれた時、「バイトの給料はどうなるんだろう」と不安になる人が少なくないでしょう。

ここでは、バイト料に関する基本的なことと、貰えない場合の対処法をお話しします。

1.バイト料はいつもどおり振り込まれるのが一般的

「無断で辞めたしまったのだから、それまでの倍量は貰えないのかも」と思っている人もいるはず。

心配ありません。

バイト料は原則、貰えます。

事業者は労働者が働いた分だけの給料を払う義務があります。

特に、昔と違って今は多くの事業者がコンプライアンスを強く意識していますから、この大原則を守るところが多いと考えていいでしょう。

また、大きなチェーン店など、給料を本部で管理しているような場合は、あなたがばっくれたかどうかを本部では把握していないと考えいいでしょう。

ですから、どんな辞め方をしても、いつも通り給料は支払われるケースがほとんどです。

2.支払われなかった場合は請求を

ただ、中小企業や個人経営の店などの場合、支払われないというケースもなくはありません。

その場合は、こちらから問い合わせ、請求しましょう。

こういう問題は、直接バイト先の責任者などと話すのが一番手っ取り場早い方法です。

できれば、勇気をもって電話をかけることをオススメします。

どうしても、その勇気がないという場合は、メールなどで問い合わせ、バイト先からの返事を待つということになります。

こちらは、時間がかかりますし、確実にレスポンスが来るかはわかりません。

いずれの場合も、退職の意志ははっきり伝えましょう。

その上で「未払いのバイト料はいついただけますか」と問い合わせるのです。

3.「損害賠償」の話をされた場合

その際、バイト先から「ばっくれたことによってこちらは損害を受けた。

未払いのバイト料は、損害賠償金と相殺にする」というような話をされる可能性もありえます。

その場合も、弱気になる必要はありません。

よほどのことがない限り、バイトがばっくれたことでバイト先が賠償金を請求をするほどの損害を被ることはありません。

単に無断でバイトを辞めただけで、訴訟を起こされることはまずありえないのです。

そもそも、未払いのバイト料と損害賠償はまったく別の話です。

万が一、損害賠償を請求されるとしても、バイト料はもらうことができます。

4.「直接、取りに来なさい」と言われることも

バイト先から連絡があったり、こちらから問い合わせてバイト料が支払われることになった場合、

「振り込みにはしないから、直接こちらまで取りに来るように」と指示ざれるケースもあります。

ばっくれたバイト先に給料を取りに行くのは、ちょっとハードルが高いでしょう。

しかし、その指示には従わなくてはいけません。

というのも、給料をどう渡すかは事業者の任意、つまり、どんな渡し方をするかは、バイト先の自由です。

ですから、バイト先から「直接手渡し」と言われたのなら、取りにいくしかないのです。

叱られることを覚悟で貰いに行きましょう。

とにかく頭を下げて詫び、その時間をガマンして、しっかり給料をもらうのがオススメの対処法です。

5.最後の手段は「労働基準監督署」

いくら問い合わせても支払われなかったり、「損害賠償金と相殺」などと言われた場合は、労働基準監督署に相談するといいでしょう。

これは、労働基準法などの法規に従って事業者に対する監督を行う機関で、各都道府県に設けられています。

厚労省の出先機関、つまり国の機関なので安心です。

あなたのバイト先のある都道府県の労働基準監督署を調べて、連絡してください。

未払いの給料について、しっかり対応してくれます。

バイト先を監督するのが役目の機関なのですから。

以上、バイトをばっくれた場合のバイト料問題についてお話ししてきました。

まず、多くの場合、ふつうに支払われますが、そうでないケースもなくはありません。

ぜひ、参考にしてください。

なお、バイト先が払うことを渋った場合は、バイト先の人に「労働基準監督署に相談します」と伝えるのも、一つの方法でしょう。

関連情報(外部サイト)