コールセンターのバイトがきついと言われる4つの理由

コールセンターのバイトがきついと言われる4つの理由

コールセンターのバイトというと、無料情報誌などでも毎回掲載されており、高い時給でかなり融通の利くバイトの印象がありますよね。

そして、テレビCMなどで見るコールセンターのお姉さんは可愛い制服を着てお客様の対応をしているイメージがあります。

これらのイメージからコールセンターは人気が高いバイトなのです。

しかし、実際に働いてみるとその厳しさに辞めていく人も多いのが現状のようです。

そこで今回はコールセンターのバイトがきついと言われる理由をご紹介します。

1.クレームの対応がきつい

コールセンターでは、お客様と電話でお話をすることになります。

顔が見えない対応になることから、クレーム目的や罵倒したいがために電話をかけてくる人もかなり多いです。

もちろん、きちんとした質問や使い方を教えてほしいなど相談のお客様もいますし、わざわざお礼の電話をかけてくれるお客様もいますが、

やはり、電話先で罵られたり怒鳴られたりすることが多くなってしまうと精神的に参ってしまうという人も多いそうです。

クレーム対応の部署ならもちろんのこと、クレーム対応の部署でなくてもクレームをストレス発散目的で言ってくる方も多いようで、

バイトとはいえそういったことが重なるとストレスが溜まったり人間不信になったりして嫌になってしまうようです。

2.マニュアルを覚えるのがきつい

コールセンターの多くでは「マニュアル」というものが存在します。

クレーム対応なら謝るマニュアルが、携帯電話や家電機器の使用方法や相談などであればそれぞれの機械に対するマニュアルや対応マニュアルなど

分厚い資料を覚えた上でパソコンに入力をしながら説明をしなければなりません。

他のバイトであればマニュアルはあってもそこまで厳密に守るのではなく少しずつ覚えていけばよいですが、

コールセンターでは電話を取った瞬間からお客様に説明をするプロにならなければいけません。

そうなると、時給に目がくらんで挑戦しても勤務内容が難しく「きつい」と感じてしまうようです。

3.座りっぱなし・しゃべりっぱなしできつい

コールセンターでは、お客様と電話で話すことが仕事内容になります。

そうすると、フルタイムなら8時間のうち休憩以外は話通しになることが多いでしょう。

話すというのは意外に疲れるもので、一日・二日と続けて働くと喉を壊してしまう人もいるとか…。

さらに、身体的に辛いのは「座りっぱなし」という部分でしょう。

普通の事務職であればお茶くみをしたりコピーをする際に立って動くこともありますが、コールセンターでは電話とパソコン入力が主な仕事なので

ずっと自分の席に座ることになるので腰やお尻に負担がいって腰痛や肩こりを感じ体に不調が起き、

さらには運動不足になるので体にはあまり良くありません。

見た目よりも体に負担がかかるのでいざ働き始めると「きつい」と感じる人が多いようです。

4.休憩や終了がお客様次第

コールセンターで、お客様からの質問や相談を受ける場合、コールセンターの従業員から話を切り上げて電話を切ることはできません。

そうなると、決められた時間に休憩を取りたくてもお客様の質問が終わらなかったり、長話をされてしまっては中々解放してもらえません。

さらには、バイトの終わりの時間になってもお客様のお話が終わらなければ変えることができないので、30分や一時間押してしまうこともあります。

そうなると時間の融通を聞かせたい「アルバイト」の立場である人は残業になりますし、

終わりの時間なのに解放してもらえないのは苦痛に感じてしまうようです。

いかがでしたか?

今回はコールセンターのバイトがきついと言われる理由4選をご紹介しました。

コールセンターのバイトは意外に体育会系できついのかもしれませんね。

けれど、マニュアルを覚えてしっかりと対応を続けていればお客様からお褒めの言葉をいただけたり

感謝してもらえたりしてやりがいのある仕事と言えそうです。

関連情報(外部サイト)