バイトで長期休暇をとるために必要な4つの心掛け

バイトで長期休暇をとるために必要な4つの心掛け

バイトでもいろいろな理由で長期休暇を申請する必要が生じることがあります。

友達と旅行に行く予定があったり、家族や自分が病気になったり、理由は様々です。

ここではバイト先の人に出来るだけ快く長期休暇をもらうための方法をご紹介します。

1.繁忙期を避ける

多くの職場には、繁忙期と閑散期があるものです。

当然のことですが、長期の休みを取りたい場合には、繁忙期を避けるようにしましょう。

例えば、飲食店であれば、学校の長期休みの時期や、忘年会新年会シーズン、年末年始などは忙しい時期になります。

大切なのは、経営者や責任者の立場になって考えることです。

もし、忙しい時期に休みが欲しいと言われても、難しいと言わざるを得ないですよね。

長期の休みを取るというだけでも、会社にとって損失となることがあります。

ですから、自分の都合ばかりを考えるのではなく、職場の状況を考えながら、出来る限り迷惑とならない時期に休暇を申請するようにしましょう。

2.十分前もって休みを申請する

仕事のシフトは、多くの場合1ヶ月以上前に決まっていることでしょう。

シフト決定後に休みを申請するのは、基本的にNGです。

シフトを作成する人は、みんなの希望の休みや会社・店舗の状況を考慮した上で予定を組んでいるからです。

シフトを作成する仕事は、簡単なものではありません。

それで、長期の休暇を申請する時には、担当者の負担を増やさないように、十分前もって予定を伝えるようにしましょう。

また、急に休みが必要になったとき以外は、自分の予定を確定する前に、前もってこの時期に休みをとっても大丈夫かを責任者に尋ねることもできます。

いずれにしても、休みを口頭ではなく、書面の形で申請するならしっかり自分の希望を伝えることができます。

3.出来る時に他の人の仕事を変わってあげる

普段から好き放題、周りを顧みず休みを申請する人と、普段進んで他の人が休みを取れるよう協力している人。

どちらが快く休みをもらえるでしょうか?当然後者ですよね。

みんなそれぞれ状況が異なります。

体調や家族の状況などによって、突然休みを必要とすることもあります。

そんなとき、進んで仕事を変わってくれる人がいたらどうでしょうか?仕事がとても忙しく、もう少し働いて欲しいという時に、

進んで残業してくれる人がいたらどうですか?次は、必要な時に変わってあげようと思うことでしょう。

ですから、日頃から他の人の助けになるよう心がけるようにしましょう。

4.普段から一生懸命働く

職場で自分がどのように評価されているかというのは、重要な点です。

いつも働きがよく、誠実で、信頼出来る人であれば、経営者や仕事仲間は、その人とずっと一緒に働きたいと思うはずです。

たとえある期間、長期に休んだとしても、それが会社にとって損失となるとしても、今後もずっと働いてもらいたいという理由で、

休みを許可してくれることでしょう。

逆に普段の働きが悪いと、そのまま辞めてもらって構わないということにもなりかねません。

つまり、長期休暇が得られるかどうかは、普段の働きにかかっていると言っても過言ではないのです。

ですから、会社にとっても、仕事仲間にとっても愛される存在になれるよう、いつでも真剣に仕事に取り組むようにしましょう。

いかがでしたか?

休みを取る時期や日頃の勤務態度がいかに大事なことかご紹介しました。

ある程度の休みをもらうことは、働く人の権利でもあります。

でも、バイトとはいえ、大切な職場の一員です。

自分がいなくても大丈夫と軽く考えるのではなく、周りの人への配慮の気持ちを持つようにしましょう。

最後の点として、休暇前、また休暇後には、関係する人に感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしたいものです。

そのようにするなら、みんなに認められつつ、安心して休暇を過ごすことができるでしょう。

関連情報(外部サイト)