異性との出会いが多いバイトの選び方5つ

異性との出会いが多いバイトの選び方5つ

バイトしながら出会いも求めたい、と考えているあなたのために、出会いを増やすための方法についてお話ししましょう。

ここでは特に、「バイトの選び方」という観点で、押さえておきたいポイントを紹介します。

1.出会いのチャンスが多いのは、何といっても接客業

バイトでの出会いで、意外に見落としがちなのが「お客さんとの出会い」です。

職場内での出会いももちろん期待はできますが、職場内での出会いは、限定的。

人数を考えれば、接客業で職場外の人と関わる方が圧倒的に多くなります。

関わる相手の人数を増やすには、ですから接客業が一番です。

ただし、アパレルショップなどだと、「お客さんは同性ばかり」ということになってしまいかねません。

ですから、できるだけ異性のお客さんが多い種類の店を選ぶのが、出会いを増やすための必要条件になります。

一般的にはファストフード店や、レストラン、カフェ、コンビニなどが、性別を問わず、お客さんとの出会いの多いバイトになります。

もちろん、異性のお客さんが多いお店もオススメ。

「お客さんがほとんど男性の居酒屋」などが、女性にとっては出会いのチャンスがきわめて多いバイトです。

2.異性の同僚が多いバイト

多くの人が「バイトでの出会い」でイメージするのが、「同僚との出会い」でしょう。

そのための条件は、自分がターゲットにする世代の、異性の同僚が多いことです。

例えば、同じ居酒屋のバイトでも、店のコンセプトによって、同性の多いところもあれば、異性が多いところもあります。

これは、なかなか事前に判別しにくいというところもあります。

できれば事前に一度、お客さんとして店を訪れ、働いている人の顔ぶれをチェックしておくといいでしょう。

面接の際にさりげなく、バイトの構成を聞いてみるという手もあります。

3.同僚間で会話する機会が多いバイト

いくら異性のバイトが多い職場でも、例えば食品工場作業員のように仕事中の会話が厳しく制限されているようなバイトは、

なかなか実際の出会いにつながりません。

働くものどうしが、ある程度自由に会話ができたほうが、チャンスは多くなります。

同じ接客業でも、「店の忙しさ」によって、会話の機会は違ってくるでしょう。

あまりに忙しくててんてこ舞いというような状況では、仕事だけで手いっぱいになってしまいます。

あまりに暇なバイトも辛いものがありますが、出会いを求めたいなら、ある程度、余裕をもって働けるバイトを選んだ方が賢明です。

4.職場の雰囲気がアットホーム

規則が厳しく、ノルマがあったりして、ぎすぎすした雰囲気の職場は避けたほうがいいでしょう。

逆に、アットホームな雰囲気で、従業員がいつも笑顔を働けるような雰囲気のバイトだと、自然な出会いのチャンスが多くなるものです。

これは、面接を受ける時に、自分の肌でチェックできます。

面接する人の雰囲気が職場の雰囲気を反映していることが多いからです。

また、バイトの求人情報をチェックすれば、職場の雰囲気を把握することもできるでしょう。

アットホームな雰囲気をウリにするようなバイトなら、この条件を満たしていると考えていいわけです。

5.仕事を楽しめて、長続きできるバイト

自分自身がその仕事を楽しめなければ、出会いの実現は難しくなります。

例えば、人見知りがひどくて接客にはまったく向いていない人が、ただ出会いの可能性が高いという理由だけで接客業を選んでしまうと、仕事自体が辛いものになってしまいます。

その結果、すぐにバイトを辞めてしまっては、出会いも何もありません。

ですから、「自分に向いていて、長続きできそうなバイト」を選ぶ必要があります。

接客業には向かないという場合は、製造や仕分けなどのほか、イベントスタッフなどがオススメ。

イベントスタッフは同世代のバイトが多くなりますし、バイト同士のコミュニケーションが図りやすいというメリットがあります。

いかがでしたか。

出会いを増やすためには、どんなバイト選びをしたらいいか、お話ししてきました。

ポイントをまとめると、「仕事で関わる異性の数を増やすこと」「その相手と会話する機会を増やすこと」

「その仕事を無理なく長続きできること」になります。

このポイントをきっちり守って素敵な出会いを手に入れてください!

関連情報(外部サイト)