バイト初出勤前に緊張をほぐす方法3個

バイト初出勤前に緊張をほぐす方法3個

職場の雰囲気に馴染めるだろうか?うまくいくだろうか?

アルバイト初出勤のときは誰でもそう思うものです。

不安と緊張感が高まり胃が痛くなる人もいるほどです。

でも安心してください。

初出勤前に緊張感を和らげる方法を3つご紹介します。

1.早めに起きて音楽で気持ちを落ちつかせる

初出勤の日は、早めに起きるようにしましょう。

早く起きて頭をすっきりさせれば、それだけ心に余裕が出てきます。

しかし、ぎりぎりまで寝ていると、慌てて起きて出勤するわけですから気持ちに余裕がなくなります。

結果的に余計に緊張してしまいます。

ですから、出勤前は時間に余裕をもたせましょう。

そのためにも、前の晩は早く床につき、十分な睡眠がとれるようにします。

では、どのようにして緊張を和らげることができるでしょうか。

気持ちを落ち着かせて緊張をほぐすために、音楽をきくとよいです。

音楽は心拍数や呼吸に影響を与えます。

聴くものをふさわしく選べば効果は大きいのです。

ポイントは、リラックスできるような音楽を選ぶことです。

例えば歌詞が入っていない、メロディーだけの癒し系の音楽があります。

こういうジャンルの音楽をバックミュージックとして流しておくだけで、リラックスの効果があります。

時間に余裕をもって起き、音楽をかけて緊張をほぐしましょう。

2.事前に話すことを考え書き出しておく

バイト初出勤時には挨拶や自己紹介が求められる職場もあります。

このようなとき、事前に準備をしている人と、そうでない人ではかなりの差が出てしまいます。

前もって考えておけばスムーズに挨拶ができ、その挨拶を始業前のワンクッションとして仕事に勢いをつけることができます。

一方でその場になって挨拶を考えると、上手く話せずに上司からの評価が下がってしまう可能性があります。

それで、何を話すか初出勤に備えて十分に考えておきましょう。

挨拶と簡単な自己紹介を紙に書き出してみるとよいです。

頭の中で考えれば十分だと思われますか。

実は紙に書き出すことには大きな効果があります。

紙に書き出すことで、自分の頭のだけではなく、気持ちも整理することができます。

話すべきことを書き出して、自分の目で確認することできちんと把握できます。

また自信をもって話せるという安心感にもつながるのです。

簡単なメモでかまいませんので、話すことを書き出してみましょう。

3.失敗は成功のもとであることを意識する

バイトで失敗したらどうしよう。

仕事についていけるだろうか。

そう考えて緊張する人が多いです。

初出勤のときは不安がありますから、どうしてもネガティブなことを考えてしまいます。

それは自然なことと言えます。

なぜなら、自分がやるべきことがまだよく把握できていないからです。

それで、初出勤前からそうしたことをくよくよと考えるのではなく、ポジティブにいきましょう。

どんな考え方があるでしょうか。

それは「失敗してもそこから学ぼう」「失敗しないと成功もしない」という意識です。

例えば、スポーツ選手や音楽家、画家や美術家といわれる人たちで、一度も失敗せずに成功した人たちがいるでしょうか。

一人もいません。

皆、失敗から多くを学び成長したのです。

あなたも同じです。

失敗をすればするほど、それだけ仕事を確実に覚えていけます。

そのようにしてポジティブな考え方を持っていれば、失敗を恐れることなくトライすることができます。

「うまくいかなかったらどうしよう」と不安になったときは、「失敗は成功のもと」という言葉を思い出してください。

いかがでしたか。

誰でもバイト初出勤のときは緊張するものです。

しかし、裏を返せばそれだけ真面目にバイトに取り組もうとする表れともいえます。

3つの方法を実践して十分準備すれば、リラックスして初出勤日をむかえることができるでしょう。

関連情報(外部サイト)