バイト生活で一人暮らしをするために覚えておきたいこと

バイト生活で一人暮らしをするために覚えておきたいこと

バイトで一人暮らしって出来るのでしょうか。

近頃では、不況も随分と緩和されたとは言え、まだまだ正社員になれないと悩んでいる若い人も少なくありません。

大学などを卒業しても、就活が上手くいかず、結局はフリーターで過ごしているような人も中にはいます。

このようなフリーターなどの非正規な立場では、やはり一人暮らしなどをするのも、

ある程度の収入が無いと難しいものですが、親元から離れて、思い切って一人で暮らすと言う人も多いものです。

今回はバイトで一人暮らしをする際のコツをご紹介します。

1.バイト先で必ず保険に入らせてもらう

きちんとしたバイト先ならば、ある程度の収入になると、バイトでも会社の厚生年金や健康保険への加入を勧められます。

職場の厚生年金や健康保険に加入していると、病院などでも3割負担で済む上に、

厚生年金なども将来的には支給されますので、やはり加入しておいて損は無いでしょう。

しかし、あまり良くない職場の場合には、保険の手続きが面倒などの理由から、バイトのシフト日数を減らしたりすることもあります。

また、バイト先から保険には加入させることが出来ないなどと言われた場合には、自分で年金を払ったり、

健康保険に加入しないといけなくなるため、そのような職場ならば、このまま続けて良いかどうか、

もう一度、しっかりと考えなおしたほうが良いでしょう。

2.公営の団地などを利用する

一般的なハイツやアパートだと、どうしても家賃も高くなってしまうものです。

都心などでは、ワンルームでも10万ほど掛かることもありますので、バイトだとかなり仕事を頑張らないといけません。

これらの事情から、バイトで一人暮らしをするならば、公営の団地などを利用するのも良い方法です。

これは、年に数回、募集を掛けていますので、安く入りたいならば応募してみるのも良いでしょう。

一人暮らしでも入居可能な団地もありますし、シングルマザーなどの場合には、優先的に入居出来るようなところもあります。

収入によって家賃も決まるため、収入が少ないと、それに伴って、団地の家賃も下がることになります。

その上、団地の場合だと、部屋数もあるため、一人暮らしでも便利に住むことが出来ます。

ただ、あまりにも人気があるところだと、抽選もかなり厳しいですので、なかなか空きが出ない恐れもあります。

そのため、早いうちに希望する団地に応募しておいたほうが良いでしょう。

3.将来はどうするかをしっかりと決めておく

バイトが楽しい、仕事がやりがいがあるからと言っても、ダラダラとバイトで仕事をしていると、年齢だけを重ねることになります。

そうなると、正社員への応募も難しくなりますので、将来的にどうするか、しっかりとしたビジョンを持っておくことも大事です。

例を挙げるならば、ある程度はバイトで働いてから、正社員にしてもらうなどの道も、優良な会社ならば少なくありません。

また、簡単にバイトから正社員になれないような大手企業でも、正社員への採用試験を打診されたり、

契約社員へとステップアップを勧めるようなところもあります。

その他にも、バイト代を貯めて、専門学校に進学したい、仕事をしながら、

資格を取得するなどのはっきりとした目的があれば、バイトでもしばらくは良いかと思います。

ただ、今が楽しいから、バイトをしていると言う場合には、やはり自分の考えを見直さないといけません。

4.ボーナスや寸志等を支給してくれる仕事を探す

フリーターは会社にとっては、とてもありがたい存在でもあります。

その理由としては、扶養内のパートなどとは違い、仕事のシフトが増えても気にしない人も多くいることや、

一人暮らしならば、年末年始も仕事のシフトを入れても、別に構わないと言う人も少なくないためでもあります。

それに、人が急に休んだ場合なども、フリーターならば、お願いすれば、急遽、シフトに入ってもらうことを了承してくれる人もいます。

このようなことから、仕事が出来て、ある程度は自由の利くような立場のフリーターは、会社からも大切にされることもあります。

しかし、正社員と違い、ボーナスなどが無い・・・と嘆くフリーターもいますが、良い会社の場合では、寸志をもらえるようなこともあります。

ほんの気持ちだけ・・・と言うものですが、このように、配慮してくれるような会社の場合には、

やはり長く勤めている、勤務態度も真面目なフリーターならば、正社員を打診されることも少なくありません。

その他にも、バイトで一人暮らしをするならば、自由がきくため、仕事に思い切り打ち込めると言う利点もあります。

例を挙げれば、介護職などの場合には、5年以上か900日の実務経験が必要となりますので、

休日なども実務日数を稼ぐために出勤をお願いしているフリーターなども少なくありません。

また、収入をアップさせる目的でシフトにガンガン入る人もいますし、本当に仕事が好きで、

休みの日も仕事のことを考えるぐらい、仕事をしたいと言うような人もいます。

それに、バイト=非正規で不安定だと考える人もいますが、正社員でも、

ボーナスなどが支給されないような会社もありますので、一概にバイトは不安定だと言い切れない場合もあります。

いずれにせよ、バイトで一人暮らしをするならば、将来的にしっかりとした目的を持ち、どうしたいのかをきちんと考えておくことが大事です。

関連情報(外部サイト)