バイトに行きたくない時にやる気を引き出す方法。採用時の気持ちを思い出そう

バイトに行きたくない時にやる気を引き出す方法。採用時の気持ちを思い出そう

せっかくバイトが決まってきちんとシフト通りに出勤し、仕事にも慣れ始めたというのに、なぜか今日は行きたくない…ということ、誰にでもあると思います。

そんなときの気持ちの上げ方をご紹介します。

頭を抱える男性

1.とにかく出勤してみること

人の脳は、まだ訪れていない未来のことを考えるのが苦手です。

まだ出勤していない今日のシフトのことを考えるとどうしても気分が乗らないというのは、未来の想像が無意識に悲観に傾いてしまうためです。
「どうせ◯◯なんだろうな…」という無意識下の想像が、「行きたくない」という気持ちに繋がってしまうのです。

でも、実際に出勤してみるまで今日のシフトの雰囲気ってわかりませんよね。
とにかく行ってみて仕事を始めれば、案外悪くないことに気がつくかもしれません。

行かないことにはわからないのです。

出勤して仕事に入って、脳を騙してしまうのが一番でしょう。

2.仕事だと割り切ってしまう

さて、シフトに入ってもまだ嫌な気分が継続しそうという具体的な不安がある場合です。
職場の人間関係がどうしても苦手だったり、理不尽なクレームをつけるお客様が確実に来店する日だったり、仕事がきついことがわかっている日だったり、考えるだけでも憂鬱になってしまいますね。

でも、あなたはアルバイトです。
お給料が安い代わりに、自分の意思で簡単に仕事を変えることができるし、大きな責任を押し付けられることも本来ありません。

今日のシフトはとりあえず仕事と割り切って出勤しましょう。
でも、頭の片隅に「いつでもやめられるんだ」「無理なら社員に丸投げできるんだ」ということを置いておけば、少しは楽になるはずです。

3.それでもやっぱり行きたくない時は

ここまで考えてみてもまだ行きたくない場合はやや重症ですね。

職場の環境や仕事の内容があなたにあっていないのかもしれません。
でも、それを判断するのに今日一日の憂鬱だけではまだ材料が足りません。

せっかく採用されたバイトをやすやすと放り出すのはもったいないことです。

今日については仕方がありません。
誰か他の人と交渉して、代役を立てましょう。

そして、せっかくおやすみにするなら、趣味に従事したり学業に没頭したり、あなたが気分良く過ごせるように心がけてください。
罪悪感を感じる必要はありません。

ただし、自分の進退については今一度見つめ直してみたほうが懸命でしょう。
バイトを変える?いっそしばらく一切のバイトをやめる?我慢して今のバイトを続けてみる?

深刻にならないように気をつけて、気楽にいろいろと考えてみましょう。

雇い主側も、バイトは流動的な戦力であることは理解しています。
あなたも楽な気持ちで考えてください。

採用された時の気持ちを思い出そう

アルバイトをする際に考えたのは、収入や仕事の内容などでしょう。
自分の労力と見あっていないと感じたらやめるのも簡単なアルバイト、でも簡単に投げ出すより、採用された時の気持ちを持ち続けられるといいですね。

関連情報(外部サイト)