バイトで空回りしてしまう人の特徴4個

バイトで空回りしてしまう人の特徴4個

一生懸命仕事をしているつもりでも、空回りしてしまいミスを連発してしまうこともあります。

今回はバイトで空回りしてしまう人の特徴について紹介します。

1.仕事をきちんと覚えていない

バイトで空回りしてしまう人はそもそも仕事をきちんと覚えていないという特徴があります。

仕事をきちんと覚えていないことで、細かいミスを連発してしまいます。

このような細かいミスはバイトに慣れた頃に起こりやすいです。

仕事をきちんと覚えていない人は、大まかな仕事内容しか把握していないので、

仕事のどの部分が間違っていたのか分かっていないのです。

本人は気合い十分で仕事をしていても、どこが間違っているのか

自分で把握できていないままではミスが積み重なっていきます。

そして空回りしてしまいます。

バイトに慣れてきた人は、もう一度バイトを始めた頃に戻って仕事内容を一から確認してみましょう。

2.一人で焦っている

バイトで空回りしてしまう人は一人で焦っているという特徴があります。

例えばバイトが終わってから友人と会う約束があったのに、その日のバイトに限ってたくさんミスをしてしまって

結局帰る時間がいつもより遅くなってしまった…という経験はないでしょうか。

早く仕事を終わらせたいという焦りの気持ちが空回りの原因となってしまいます。

また、何かミスをしてしまい、これ以上周囲の人に迷惑をかけたくないと思うときに限って空回りすることもあります。

これもミスをしてはいけないという焦りの気持ちが原因です。

他にも忙しいときにミスが続くのも時間がないことへの焦りが原因です。

バイトで空回りしている人はいつも一人で焦っているのです。

3.集中力がない

バイトで空回りしてしまう人は集中力がないといえます。

集中力がないまま仕事をすると、自然とミスも多くなります。

他の人がしないようなミスをすることもあります。

他の人がしないようなミスが何度か続くと、周りの人もあの人は空回りしていると気付き始め、

自分でも空回りしていることに気付くはずです。

このような集中力がない人は初めから集中力がないというわけではありません。

最初から気合いを入れ過ぎていることが一つの原因となっていることがあります。

気合いを入れ過ぎて余計な力を消費してしまったため、集中力が最後まで続かないのです。

最初から気合いを入れて仕事をすることは悪いことではないですが、何事もペース配分が大切です。

4.段取りが悪い

バイトで空回りしてしまう人は段取りが悪いという特徴があります。

このような人は行き当たりばったりな行動をするため、計画性がありません。

計画性がないため仕事はどんどん遅れていき周囲の人に迷惑がかかってしまいます。

また段取りが悪い人は状況に応じて仕事をすることが苦手です。

自分が今何をすべきかが分かっていないため、なんとなくその場で思いついた仕事をしてしまいます。

それを見た先輩や社員に「今その仕事をする必要はあるのか」と怒られてしまいます。

例えばレストランで満席になるほど忙しいときには、本来であれば食べ終わったお皿を片付けて、

次のお客さんをテーブルに案内することを優先的にしなければならないはずです。

そんなときに裏の倉庫で在庫確認の仕事をする必要はないですよね。

このように状況に合わせた仕事をすることが苦手な人は空回りしやすいといえるでしょう。

いかがでしたか。

バイトで空回りしてしまう人の特徴をご紹介しました。

たとえバイトの立場であってもきちんと仕事をこなさなければいけません。

与えられた仕事をきちんとすることで周りからの評価も上がるはずです。

自分はいつも空回りしてしまうと思う人は、一度仕事のやり方を見直してみましょう。

また先輩の仕事のやり方を真似することも空回りを防ぐための策として有効です。

関連情報(外部サイト)