バイト中に気分転換する方法5個

バイト中に気分転換する方法5個

バイト中に精神的な疲労を感じたり、集中力がなくなってきたと思ったときに必要なのが、気分転換でしょう。

「そうはいっても、バイト中にどうやって気分転換したらいいのか、具体的な方法がわからない」と思う人も少なくないはず。

そんな方のためにおすすめの気分転換の方法をご紹介しましょう。

1.屋内のバイトなら外へ出て深呼吸、屋外のバイトの場合はその場で呼吸を整える

屋内のバイトの場合、最も効果的で簡単な気分転換法は「外へ出て空気を吸うこと」です。

ですから、もし可能であれば、とにかく外へ出てみましょう、。

1分でも、30秒でもかまいません。

外へ出て空気を吸うのです。

その際、ただ、空気を吸うだけでなく、深呼吸をするのがオススメ方法。

コツは、まず息を吐ききってから、息を吸うというやり方です。

息をすっかり出し切ってから、静かに息を吸い、時間をかけて息を出します。

これを、数回繰り返すだけで、気分はあらたまるに違いありません。

屋外のバイトの場合は、その場で同じようにして、息を整えましょう。

深呼吸をしている間は、意識がそのことに集中しますから、自然に気分転換できます。

2.「歩く」ということを意識して、その場を離れる

その場を離れるだけでも、ちょっとした気分転換にはなります。

バイト中、もっとも無理なくその場を離れることができる目的は「トイレ」でしょう。

トイレへ行くことを理由に、一息入れるわけですが、「歩く」ということを意識するのが、ポイント。

立ち仕事にしろ、座ってするデスクワークにしろ、長くその姿勢を続けているうちに、どうしても心理的に拘束感を抱いてしまいます。

それを解放し、気分を変えるには「歩く」という行為が一番効果的です。

その効果をいっそう高めるために、「自分は今歩いている」という意識を持つようにしましょう。

「歩く」という行為が特別なものに感じられて、気持ちがすっきりするに違いありません。

3.トイレの鏡に向かって表情筋トレーニング

そのようにしてトイレに行ったら、そこで、別の気分転換法を試してみましょう。

それは「表情筋トレーニング」です。

トイレの鏡に向かって、顔の表情筋を大きく動かすのです。

「喜怒哀楽」それぞれの表情を、できるだけ大げさに作ってみましょう。

顔のパーツを中心に集めるようにしたり、逆に緩ませたり、びっくりした顔をしたり、いろいろな表情を作るのです。

美容目的ではありませんので、自己流でかまいません。

この方法のいいのは、時間をかける必要がないこと。

わずか10秒か20秒でも、効果があるはずです。

4.ふくらはぎマッサージをしたり、つま先立ちの姿勢を取る

ストレッチも有効な気分転換法ですが、バイトの最中にするのは、ちょっとハードルが高いかもしれません。

そこで、オススメしたいのが、ふくらはぎを刺激するというやり方です。

ふくらはぎを刺激すると、全身の血流が良くなりますから、気分転換に好適です。

座り仕事ならば、こっそりふくらはぎマッサージをしてみましょう。

両手でふくらはぎを包むようにして、やさしくさするだけでOK。

立ち仕事なら、つま先立ちの姿勢をとるだけで、効果があります。

つま先立ちをして、その姿勢を数秒維持するという運動を、無理のない回数繰り返しましょう。

意外に気分がすっきりするはずです。

5.バイトが終わった後の楽しみを考える

特別なことを何もしないでも、その場で気分転換できる方法を、最後に紹介します。

それは、「バイトが終わった後の楽しみを考える」という方法です。

「バイトが終わってうちに帰ったら、好きなゲームをしよう」とか

「好物を買って帰って、一人家飲みを楽しもう」というようなことを考えてみましょう。

あるいは「次の休みのプランニング」という手もあります。

バイトが終わった後の楽しみを考えることで、その場にいながら、気分が変わることでしょう。

バイト中に気分転換をしよう

今回はできるだけ簡単にできる、バイト中の気分転換方法を5種類、紹介してきました。

バイトの種類や職場の環境によって、やりやすい方法、そうではない方法があるでしょう。

自分のバイトに合った方法を、ぜひお試しください。