バイトリーダーになった貴方が心がけたい4つのこと

バイトリーダーになった貴方が心がけたい4つのこと

日頃の働きが認められついにバイトリーダーに抜擢。

ますます気合が入ると同時に少し不安も感じてしまいます。

バイトリーダーって一体どのような役割が求められるのでしょうか。

今回はリーダーとして働く上で心がけたいことをご紹介します。

1.メンバーと積極的なコミュニケーションを

バイトリーダーになれば、バイトメンバーをまとめるという仕事をこなしていかなければなりません。

バイト先によって違いはありますが、勤務シフトの管理や、メンバーへの情報伝達や指示などバイトメンバーと話す機会はかなり増えることでしょう。

メンバーからも色々な報告、質問、意見、相談がリーダーに集まってくることになります。

ここで大事になってくるのが、メンバーとの意思疎通です。

リーダーである貴方の仕事に対する考えとメンバーの考えが同じ方向であれば、一体感が生まれすばらしいチームとなります。

意思疎通を図るには、メンバーとのコミュニケーションがとても重要となってきます。

日常のちょっとした声かけや、くだらない話などでもかまいませんので意識して積極的に話すようにしましょう。

2.勤務態度を再確認

リーダーとなった貴方は、勤務態度についても以前から問題なく働いてきたと思います。

ただ、これを機に今一度、自分の勤務態度を客観的にチェックしてみてはどうでしょうか。

リーダーとなれば、無意識にも周りから見られていて今まで目につかなかったところが目立ったりするものです。

まず、身だしなみや言葉使いについて、今まで以上に気を使うように心がけてください。

基本的な部分で周りから注意されているようでは、リーダーとして信頼されなくなります。

色々な場面において教える立場になるわけなので、「メンバーのお手本」となる心構えが必要になります。

3.段取りを大事にする

「段取り…」もしかしたら初めて耳にする方もいるかもしれません。

どんな仕事においてもうまく進めるうえで「段取り」は重要な作業と言えます。

与えられた仕事を、与えられた時間内に効率良く完了するために、準備したり予定を組み上げる作業のことです。

バイト先の正社員が段取りを組んでくれる場合もありますし、リーダーに任される場合もあります。

バイトメンバーであった時は、指示された仕事を自分の責任範囲内でこなすのみでよかったのですが、

リーダーとなった今後はこの段取りを意識しつつ自分の仕事も行うように心がけてください。

段取りが頭に入っていると、仕事の進み具合を正確に判断できるうえメンバー間での仕事の調整がしやすくなります。

慣れないうちは、段取りをメモ帳等に書いて持ち歩くのも良いと思います。

4.些細なことでも報告、連絡、相談

バイトリーダーになれば、自分の仕事量は確実に増えると思われます。

メンバーや正社員と応対しつつ新たな仕事を任されたりと、色々な事で頭がいっぱいになることもあるでしょう。

仕事やメンバーの事でどうすればいいのか判断に迷ったり、疑問に思うことがあれば、

自分ひとりで悩まずどんな些細なことでもバイト先(正社員)に報告、連絡、相談をするよう心がけてください。

貴方自身も不安な事を溜め込まずに済みますし、バイト先にしても現場の状況が把握でき早い対応ができるというメリットがあるのです。

報告、連絡、相談をきちんと行うことで、リーダーへの信頼度が上がって行きます。

いかがでしたか?

これからバイトリーダーとして働く貴方は、今、まさにチャンスを手にしています。

現在、多種多様の仕事がありますがリーダーとして働くことで、すばらしい経験を手に入れることができます。

自身をワンランクアップさせることができるまたとないチャンスです。

リーダーの貴方を中心に、メンバーの笑顔が耐えないとても充実したバイト生活となるよう願うばかりです。

関連情報(外部サイト)