アルバイト面接に最適な服装。スーツは必要ない

アルバイト面接に最適な服装。スーツは必要ない

アルバイトの面接には、何を着て行ったら良いのかについて、迷う人が多いようです。

アルバイトは通常の就職活動の面接と違うため、「リクルートスーツを着るべきか否か」ということを筆頭に、意外と不明点がたくさんあります。

そこで、アルバイトの面接の際は、どんな服装をして行ったら良いのかについてご紹介します。

1.リクルートスーツを着る必要はない

アルバイトの面接においては基本的に、就職活動のようなリクルートスーツを着る必要はありません。

むしろスーツ着用で面接に行った場合、重苦しい印象になってしまうこともあります。

「重くsるしい雰囲気になった」ということが原因ですぐに落とされることはあまりありませんが、職場の雰囲気から浮いてしまう可能性はあります。

そうなると、「この人はここの職場でうまくやっていくことができる人なのだろうか」と、採用側が迷ってしまうこともあります。

どうしてもきちんとした服装で臨みたいという場合は、上下かっちりとしたスーツではなく、「ジャケット着用」程度に留めておくと良いでしょう。

2.アルバイトの面接に行く際は、職種に合った服装で行く

アルバイトの面接の際は、その職場の職種に合った服装で行くことが良いでしょう。

例えば、アパレル系であれば、少しセンスの良さが感じられるような服装で行くと、好印象になります。

肉体労働系であれば、ある程度動きやすそうな服装で行くと、「この人は現場で使える」「この人は多少きつい肉体労働に対しても、やる気を感じさせる」といった好印象を得られます。

例えば、レジ業務などであれば、お客様と接した時に好感を持ってもらえそうな人であることをアピールする必要があるので、清潔感のある服装が良いでしょう。

このように、「どんなアルバイトをしたいか」によって、面接に行く時の服装も変わってきます。

アルバイトの面接ではスーツ着用の必要はないのですが、講師系などアカデミックな職場の面接だけは、「職種に合わせる」という意味で、スーツを着て行った方が良いでしょう。

3.どの職種であっても、「真面目に仕事をしそう」と思われる服装をする

アルバイトの面接においては、職種に合った服装が望ましいのですが、それに加えて、「どんな職種であれ、真面目に仕事をしそう」と思ってもらえる服装を意識して選ぶようにしましょう。

そのため、だらしない印象に繋がるような服装は御法度です。

例えば、「肉体労働系だから、動きやすそうなTシャツとジーンズで面接に行く」というのは間違いではありません。

でも、そのTシャツにアイロンがかけられていなかったり、ジーンズがあまりにも汚れていた、という有様では、「だらしない」と思われ、仕事に対する熱意を疑われます。

何を着て行っても良いのですが、仕事に対する熱意を疑われるような服装は避けましょう。

最低限の清潔感とマナーは必要です。

4.あまりにも個性的過ぎる服装は避ける

アルバイトの面接における服装は、ある程度自由ではありますが、あまりにも個性的過ぎる服装は避けた方が良いでしょう。

例えば、ラッパー風・ゴスロリ風・ホスト風など、「好みが極端に別れそうな個性的ファッション」は、そのような業界の面接であれば良いですが、その他の職種では印象を悪くする可能性の方が高いです。

アルバイトとは言え、あくまで「これから仕事をさせてもらうための面接」です。

個性を丸出しにし過ぎるファッションは、「遊び気分で面接に来た」と思われて、不採用になる可能性が高いでしょう。

5.帽子や過剰なアクセサリーは避ける

アルバイトの面接で、まず絶対に避けるべきなのは帽子です。

これは、オシャレを重視するアパレル系であっても避けましょう。

どんな業界であれ、帽子着用のまま面接をしてもらうということは、相手に対して失礼です。

アクセサリーに関しても、過剰なものは避けましょう。

小さなピアスとネックレス程度なら安全圏ですが、じゃらじゃらといくつもアクセサリーを付けていると、「落ち着きがない」とみなされ、「この人には仕事を任せることが不安」と思われてしまいます。

あまりにも大き過ぎるアクセサリーも、面接には不向きです。

これはファッションセンスを重視する業界であっても変わりません。

もしこれらの業界の面接に行く際、アクセサリーをつけて行くとしたら、「センスの良いアクセサリーを少しだけ」という形にして行った方が、自分のセンスの良さを嫌味なくアピールできます。

アルバイト面接の服装は基本的には自由

アルバイトの面接における服装は、ある程度自由であり、カジュアルな服装で行っても何の問題もありません。

しかし、「そこの職場で働かせてもらいたい」ということで面接に行くのですから、採用側が気分を害さない服装をして行くということは、当然のマナーです。

働くための面接である以上は、仕事に対する真剣さをわかってもらう必要があります。

そのためには、ある程度自分の個性を出しても良いけれど、仕事に対する熱意を疑われない服装で面接に行くことが大切です。