バイトの面接でアピールしたい4つの長所。何よりも誠実さが大事!

バイトの面接でアピールしたい4つの長所。何よりも誠実さが大事!

新学期からバイトを始めようと思っている方は、

バイトの採用面接でどんなことをアピールしていいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

面接では自分の長所の中でも特に有利になるものをアピールしたいですよね。

そこで今回はバイトの面接でアピールしたい長所をご紹介します。

1.コミュニケーションを取るのが上手い

接客のアルバイトでは仕事ができることよりも、お客様に元気に挨拶ができる・

先輩従業員の中にうまく溶け込んで早く成長してくれることを第一に考えると言われています。

そのため、長所を聞かれたときに「明るさ」「コミュニケーション能力の高さ」をアピールしたいものです。

バイトをして接客をするにおいてはマニュアルがあるのである程度仕事ができなかったり初めてで不慣れでも慣れてしまえばできるものですが、

人見知りだったり人が苦手だったりするのはマニュアルでは治りませんしお客様に不快な思いをさせてしまうのはお店にとっても致命傷だからです。

そのため、バイト採用の際に新人でもちゃんとお客様や周りとコミュニケーションを取れるかどうかと言うのは

とても重要な採用ポイントになっているのかもしれません。

2.誠実

バイトにお店側が求めるものは「誠実さ」だと言われているそうです。

というのも、バイトというのは正社員の手助けを低賃金で行ってくれる存在なので、

仕事の技量よりもいかに正社員の指示やマニュアルに従ってくれるかどうかが大事です。

そのため、バイトには「遅刻をしない・急に休まない・お金を盗まない・トラブルを起こさない」など

最低限のマナーをしっかりと守ってくれるような誠実な人を求めています。

ですから、英語のスキルなど自分の能力をアピールすることよりも自分がいかに誠実で継続力のある人間かどうかも重要視しているのかもしれません。

なので、学校などで皆勤賞を取ったことがある場合や習い事をずっと続けている実績のある人、

武道などのマナーに厳しい習い事をしている人はアルバイトの面接で誠実さをアピールしてみても良いでしょう。

3.我慢強い

バイトでは初めのころは先輩に厳しく指導されたり、お客様からお叱りを受けることも多いでしょう。

そのため、経費をかけてバイトを雇ってもすぐに来なくなってしまうこともあります。

ですが、バイト広告をだして教育を行うということはかなりのお金がかかっているので採用する際には長く続けてくれる人を探すでしょう。

そのため、最初のころのミスや失敗にもへこたれない人を採用したいと思う会社も多いようで、

厳しい部活や習い事を長く続けている人や怒られても泣いたりせずに頑張れる人、

負けず嫌いな面を持っている人などに「我慢強さ」を感じて長くバイトを続けてくれることを期待しているのかもしれません。

なので、怒られることに慣れている・辛抱強いという方はそこをバイト面接での長所・アピールポイントにしてみてもいいのかもしれません。

4.集中力がある

バイトとは言っても仕事です。

お客様にお金をいただくことによって給料が発生し、会社が利益を上げています。

そのため、しっかりと仕事をしてもらわないと困るのですが、接客にしても事務にしても集中力がないとミスを起こしてしまいがちですよね。

そのため、集中力が続かない人というのはあまり採用したくないのです。

できれば決められた時間内はピリピリと集中をしてミスないように仕事をこなして欲しいと考えるので長所を聞かれた際に

「集中力がある」ということをアピールしてみても良いでしょう。

いかがでしたか。

バイト先によっては求める人材が違ってくるので臨機応変に自分の長所や短所をうまく言い換えてバイト面接に臨むようにしてみましょう。

関連情報(外部サイト)