バイトの面接で最適な逆質問4個

バイトの面接で最適な逆質問4個

バイトの面接をした際に、最後に「何か質問はありますか?」とよく聞かれることでしょう。

この時、面接のことで頭がいっぱいだと、何を質問したら良いか分からず、

「特にありません」と答える人が多いのではないでしょうか。

バイトの面接で最適な逆質問をご紹介します。

1.バイト初日の服装や準備物の確認

面接の際には、まだそこで働けるかどうかは決まっていないことが多いです。

そのため、採用となった場合についての質問をすることにためらいを感じてしまう人が多いです。

ただ、もしバイトが採用となった際に、「あの時聞いておけばよかった」と後悔してしまうことも少なくありません。

採用不採用に関わらず、もし働くことになった際に、初日にどういった服装をしてくるべきなのか、

また準備するものなどがあるか逆質問にて確認しておきましょう。

これにはやる気を見せる効果もあり、働くつもりで整えてくるということをアピールする狙いもあります。

働く為に自分がすべきことを相手に質問することは、決して悪いことではなく、むしろそこにやる気を十分に感じてもらえるでしょう。

2.細かい仕事の内容などを質問

バイトの求人票などには、仕事のだいたいの内容は記載されているものの、

実際にどういった仕事をするのか、事細かに書かれていることは少ないです。

特に初めてバイトをする人であったり、職種が初めての経験となる人は、仕事内容がどんなものなのかを具体的に聞くことが大切です。

中には、興味があってバイトの応募をしてみたものの、働いてみたら思っていた内容と異なった為に辞めてしまうという人もいます。

働いてから気付くよりも、面接の際に事前に確認しておくことで、不安要素を少しでも取り除いておくことが必要です。

求人内容と異なる部分がないか、自分に合ったバイトなのかを確認する上でも、仕事の内容を逆質問してみることは、自分の為になるものです。

3.昇進などの制度があるかどうか

バイトを希望しているけれど、将来的には社員になりたいと昇進を希望する人もいるでしょう。

数少ない仕事の中から自分に適したものを見つけたものの、バイトでの採用しかなかったという場合、

社員というものを妥協してバイトの面接を受けていることもあります。

または学生となると、卒業するまでの間はバイトで仕事をしつつ、卒業したら本格的な仕事として続けたいと願っている人もいるでしょう。

バイトから社員へと昇進することが出来るのか、それとも短期的なバイトとしての募集なのかも確認すると良いです。

頑張り次第では社員になれるという場合もあれば、一時的に人手が足りないからバイトを募集したというケースもあります。

期待ばかりが膨らまぬよう、初めのうちに確認しておきましょう。

4.バイトをする上で気を付けるべきこと

バイトをする職種によっても、自身が気を付けなければならない点は大きく異なります。

接客業であれば身だしなみや服装に関して気を付けなければなりませんが、裏方の仕事であれば体力が必要ということもあります。

そのバイトの内容によって、気を付けること、自分が努力しなければならないことを確認しておくのも良いでしょう。

バイトをするにあたって、自分がすべきことを確認するというのは、面接する側はとても好感もてるものです。

質問に困った時にはこういった質問をしてみてはいかがですか。

バイトの面接の際、必ずといっていいほど聞かれる「何か質問ありますか?」の言葉。

ここで何も用意していないと、質問出来ないことに加えて、せっかくのアピールポイントを逃してしまうことも考えられます。

予めこうした質問をしようと頭に入れてのぞむと、緊張しててもスムーズに逆質問が出来るでしょう。

関連情報(外部サイト)