バイトの面接で面接官に好印象を与える5つのマナー!

バイトの面接で面接官に好印象を与える5つのマナー!

アルバイトの面接で緊張する事も多いと思います。

そんな時心掛けたいマナーを知っておけば気持ちに余裕ができて落ち着けます。

今回はに面接時に心掛けたい好感を得るマナーをご紹介します。

1.身だしなみを整える

人間の第一印象は最初の15秒で決まると言われるくらい、最初の見た目で変わります。

特に面接ではお互いが初対面で相手のことを良く知らない同士であるため身構えてしまいます。

そのため見た目は最重要項目になります。

業種にもよりますが通常は特に指定が無ければアルバイトであってもスーツで行くのが無難です。

靴はキレイか、カバンは無駄にパンパンに入っていないか、ジャケットのボタンは締めているか、

靴下は派手な柄物ではないか等に気をつけていれば相手に清潔感と機敏さをアピールできます。

出発前に確認、再度現地で訪問前に確認をします。

入室して着席するまでで15秒はかかりますのでその間に見られていると思い気を緩めないようにしたいものです。

2.時間を守る

これは当然の項目ですが油断していると失敗しやすいものでもあります。

理想は訪問の5分から10分前です。

あまりにドキドキして早く着いてしまうこともあると思いますが、早すぎると担当者がまだ仕事に追われていたり、

営業中の忙しい時間だったりして迷惑をかけてしまいますし、相手を急がせてしまうことになります。

自分も長時間待たされるのは辛い時間だと思いますのでできれば最寄り駅などで時間調整をして行くようにしましょう。

また逆に時間ギリギリでも印象がよくありません。

身だしなみが乱れてるままで面接をすることになりますし、緊張でトイレに行きたくなるかもしれません。

その他にも現地で会場がわからず迷ったり、交通機関の遅延などの可能性があるのでゆとりを持った出発をしておくことが理想です。

3.自分から挨拶をする

緊張の中で自分から声を掛けるのは勇気のいることですが、これがあるとないのでは大きな差が出ます。

最初の言葉は朝なら「おはようございます」昼過ぎなら「こんにちは」でも構いませんし、

受付や目に付いた従業員の方にお願いするのであれば「お忙しいところを失礼します」という感じできっかけのタイミングを取り、

自分が何時から面接に来た誰であるかを名乗ります。

もし取り次いでもらう場合には担当者に改めて挨拶をし、取り次いでもらった従業員の方にもお礼を言います。

このクッションを作っておくことで常識のある人だという信頼感を与えますし、

採用されて入社した後にもこの場にいた従業員の方から良い印象で迎えてもらえます。

接客業の場合は特に重要視される項目なので絶対におさえておきたい項目です。

4.応募先を知っておく

当然ですが、応募したからには何らかのきっかけや理由があると思います。

志望動機は面接でも聞かれる頻度の高い項目です。

おこづかい稼ぎをしたかった、生活のため、この職種に憧れていたから等

理由も様々だと思いますが採用側はやる気のある人や向上心を持った人を採用します。

自分がどんな理由であれこの職場で働くことにメリットを持ち、現状より生活が豊かになるということをアピールすることを忘れないようにします。

そしてできればこの業種の中でも、ここだから働いてみたいと思ったという独自性にメリットを探せば採用率も高くなります。

また、店舗などの採用では「当社を利用したことがありますか」という質問をされる事も多いので、

商品などを知っておくことも積極的なアピールに繋がります。

5.ちょっとした気配りを忘れない

夏場では汗をかくのでハンカチを携帯したり、花粉のシーズンではティッシュを多めに持ち歩くことが必要ですし、

冬場ではコートを着て行く事になります。

コートは面接時には脱ぐようにします。

また脱いだコートは必ず内側を表面にして折りたたみます。

理由は外の汚れを面接先に持ち込んで汚さないようにするためです。

実際には汚れていないことが多いのですがこのちょっとした気配りができると評価が高くなります。

このような部分を見ている面接官もまたマナーの知っている方だということなので採用された後も良い職場が期待できます。

もし応接間などのソファーに通された場合、同様にカバンはソファーの上には置かずに足元に置くのが相手へのマナーとなります。

このように緊張する面接でも、重要な点をしっかり理解しておさえておけば面接官の印象も良くなり、

自分でも自然にもゆとりが出て笑顔で面接を受けられます。

良いところを十分出せるよう万全の体制で準備をして、応募先と最良のご縁があることをお祈りします。

関連情報(外部サイト)