バイトの面接で落ちる理由4個

バイトの面接で落ちる理由4個

バイトをする際に、必ずといって良いほど行われる面接。

何度も何度もバイトの面接に落ちてしまうという人は、何かしら原因がある可能性があります。

バイトの面接で落ちてしまう理由をご紹介します。

1.身だしなみが整っていない

第一印象はとても大切なもの。

これは面接において一番初めに印象を与える項目といっても良いでしょう。

バイトだからといってラフすぎる格好であったり、髪には寝癖、ヒゲやメイクといったように、見た目はとても重要。

そのバイトが接客業等のお客様相手となる内容であったら尚更でしょう。

バイトをする際に、同じような感覚で来られても困るという理由で、不採用となってしまうケースがあります。

バイトだからと気を緩めず、重要な第一印象を高めることが必要です。

2.言葉遣いがなっていない

バイト経験が初めての場合だったり、社会に出る機会がなかった人は、敬語を上手く使えない場合があります。

自分では正しい日本語を使っているという認識でも、実際に目上の人に対する言葉遣いがきちんと把握できていないケースがあります。

バイトをするということは、社会に出るということ。

一般常識がなっているかなっていないか判断する一つの要素として、言葉遣いが挙げられるでしょう。

面接官に向かってタメ口を使っていたり、時に見下すような発言をしている場合には、一から言葉遣いを見直す必要があります。

今後バイトだけに限らず、生涯必要となる常識を身につけてから行動するのが適しているでしょう。

3.他に良い人材がいたから

バイトの面接を受けるのは、一人だけとは限りません。

人気の仕事であれば、少人数の枠に大勢の応募があることでしょう。

その中からバイトで採用する人を選ぶ訳ですから、より優れた人であったり、求めている人材を選びます。

自分がいつも選ばれないという場合、その必要な要素が備わっていないことが考えられます。

スキルが伴っていない場合や、経験がない場合、また目標の持ち方すらも関わってくるものです。

他の人が、自分よりも良い人材だと思われた場合、自然と自分が落ちてしまう結果となります。

自分がやりたいバイトの内容がいつも一定であるならば、そのバイトで有利になるような資格や経験を積むことも大切です。

4.声が小さい、笑顔が少ないなどの行動面の問題

仮にお客様相手のバイトでなくても、バイトをし始めると社員や他のバイトの人、パートの人などとのコミュニケーションも大切になります。

こうした際に求められるのが、挨拶をきちんとするということや、笑顔で対応するという点です。

コミュニケーションが全く取れていないことで、問題が発生したり、共有することが出来ないことが全体的な問題となってくることもあります。

そうならない為に必要なのが、人と人とのコミュニケーション能力です。

必要最低限の行動がとれているかどうか、面接の際に印象が決まってしまいます。

不愛想で会話をしたり、ごもごもと小さく聞き取れない声で話したりと、会話に支障が出てしまうと判断された場合には、落ちてしまう可能性は高くなります。

またこれが接客業となると、仕事自体にも影響が出てしまいます。

人間関係が上手くスムーズに出来るかも、面接の際に確認されているのです。

いつも面接でバイトが落ちてしまうという人は、こうした理由があるものです。

ただ単に元からの容姿が悪いとか、目つきが悪いなどといった理由ではなく、その人から出る表情であったり仕草であったり、行動面が重要です。

またバイトといえども社会に出るという感覚が必要。

一般常識と言われる範囲は、自分の中で意識しながら面接に挑むようにしましょう。

これらの理由は、気を付ければ改善出来るものです。