バイト中にミスして落ち込んだ時に心がけたい3つのこと

バイト中にミスして落ち込んだ時に心がけたい3つのこと

バイトをしていてミスをしてしまうというのは、誰にでも生じることです。

ミスをすると当然落ち込んでしまうものです。

でもそれは、仕事をしっかりやりたいという気持ちの表われでもあるので大切なことです。

今回はバイト中にミスをして落ち込んでいる時に心がけたいことをご紹介します。

1.ミスの原因を考える

まずやるべきことは、なぜミスをしてしまったのかその原因を考えることです。

何の原因もなくミスが生じることはありません。

それは、気の緩みがあったからですか?やるべきことがしっかり理解できていなかったからでしょうか?

まだ慣れていない仕事だったからですか?そのように正直に考えてみましょう。

そうすると、おのずと改善点が見えてきますね。

気の緩みであれば、まずは気を引き締めましょう。

仕事に集中して取り組むようにします。

やるべきことが理解できていなかったのであれば、もう一度マニュアルを読んだり、先輩に確認することができます。

分からないことは、放置しないようにしましょう。

それは、ミスを重ねる原因になるからです。

慣れていない仕事だったのであれば、誰でも最初から上手にできる訳ではありません。

現実的な見方を持って、とにかくやってみる気持ちを忘れないようにしましょう。

先輩方に仕事のコツを尋ねてみるのも良い方法ですね。

2.ミスについてくよくよ考えない

原因が分かったなら、そこで気持ちを切り替えるようにしましょう。

くよくよとそのミスのことを考え続けると、いつまでもそれを引きずってしまうことになります。

引きずるとどうなるでしょうか?新たなミスを生むことになりかねません。

それは悪循環ですよね。

ミスをした時に全然落ち込まず、また同じミスを何度も繰り返す人もいます。

でも、あなたはミスをして落ち込みました。

落ち込んだ人は、次こそは頑張ろうと考え、さらに努力できる人です。

ですから、一度落ち込んだ後はすぐに気持ちを切り替え、前に進むように努力しましょう。

後々にも響いてしまうようなミスをした場合には、すぐに忘れるのは難しいかもしれません。

でも、そうでない場合には、ミスについて上司にお詫びして、そのミスの処理が終わった時点で、忘れるようにします。

気持ちをスパッと切り替えるのです。

普段自分ができている点を考える

ミスをすると、「自分は何もできない、ダメな人間なんだ。もうやめたほうがいいんだ」と考えてしまう人もいます。

でも、本当にそうでしょうか?本当に何もできていませんか?バイト先に初めて来た時のことを思い出してみてください。

その時は、本当に何も分からず、すべて一から教えてもらう必要があったことでしょう。

でも、今はどうですか?確実にできることが増えたのではないでしょうか?

それで、ミスしたことではなく、普段できている点に目を留めてみるようにしてください。

そうすると、以前と比べてかなり成長した自分に気付くことができるでしょう。

その場合、気をつけるべき点がひとつあります。

比べるのは自分自身であって、他の人と比べてはいけません。

よく仕事ができる他の人と比べるなら、さらに落ち込む原因になりかねません。

逆に、仕事のできない人と比べると、自信過剰になってしまうこともあります。

それで、比べるのは、あくまでも昔の自分です。

そのようにして、自分の良い点に目を向けて、落ち込んでいる気持ちを軽減することができるでしょう。

いかがでしたか?

ミスをして落ち込んだ時に、それにどのように対処していくかは重要なことと言えます。

落ち込むのは決して悪いことではありません。

でも、その状態を長引かせるなら、もっと大きなミスをしたり、繰り返す原因にもなります。

それで、気持ちを切り替えて、前進することが大切です。

そのようにするなら、バイト先にとって、貴重な存在になっていくことができるでしょう。

関連情報(外部サイト)