バイト中にミスが多い人に見られる特徴4つ

バイト中にミスが多い人に見られる特徴4つ

バイトではミスを出来るだけしないほうが自分のためにも会社のためにもなります。

ですが、人間だれしもミスはあるものの、ミスが多い人は嫌われてしまったりお客様に怒られたりしてバイトしずらくなってしまうことも。

そこで今回はバイト中にミスが多い人に見られる特徴をご紹介します。

1.集中力がない

事務のバイトにしろ接客のバイトにしても集中力がないとミスが起こりやすくなります。

学校のテストなどでも集中力を欠いてしてしまう間違えのことをケアレスミスと言うように、

仕事中でも集中力を欠いてしまうとケアレスミスを起こしてしまうでしょう。

特に、レジなどを担当しておりお金の計算を長い時間やっていると簡単な言い間違いやおつりの計算間違いをしてしまったりするでしょう。

もちろん、ずっと集中しているのは無理ですが、お金の計算やお客様との会話などミスをしてはいけない部分に

ミスをしないように気を引き締めて置くのは仕事をしてお金をもらう立場なのでできていなければいけません。

ですが、集中力が短い・集中力をうまくコントロールできない人というのは一定の集中力を使い切ってしまうと

どんなに大事な場面でも集中ができずにミスをしてしまいます。

2.責任感がない

ミスをすると誰かに迷惑をかけてしまうものです。

先輩がフォローに回ったりお客様を不快な気持ちにさせてしまえば売り上げを失うことも…。

普通、ミスをすれば怒られますし反省をします。

そのため、同じミスを繰り返さないように気を付けるものですし、ミスしないように努力をしたり改善をするのが当たり前です。

ですが、ミスが多い人というのはミスに対して責任感を持っておらず、

大きな罰則が与えられなければセーフくらいにとらえており先輩がフォローしてくれればそれでラッキーと考えていることも…。

そのため、ミスをしてもへらへらとしているような人というのはミスに対して責任感を感じておらず

改善しようとすることもないのでミスを多く起こしてしまいます。

3.不器用

バイトをする人の中にもどうしても不器用でミスをしてしまう人というのは一定数存在します。

絵を上手に書けない人がいるようにレジ打ちが苦手な人もいます。

アルバイト、特に接客業ではお客様を待たせないためにスピードも必要とされるので不器用な人は

その作業に慣れるまで他の人よりも時間がかかってしまいます。

そのため、同じミスを仕方なく繰り返してしまったり、大きなミスを起こしてしまうこともあります。

不器用な人は自分が人よりもできていないことを気にしやすく、

自分ができないことに焦ってしまいそれがミスを多く引き起こしてしまうものです。

4.やる気がない

バイトは適当にやっても大丈夫という考えの人も悲しいかないます。

そのため、アバイトを真剣に取り組んでいない人はミスをしてもやめさせなければいいやくらいに思っており、

ミスをしないように努力をすることもミスから学んで成長することもせずにまた次のミスをするまで適当に仕事をする程度です。

特に、誠実さにかけている人というのはいかに自分が楽をして時給を得るかを考えているので

ミスへの対策をするのは体力の無駄と考えているのかもしれません。

なので直そうとしないミスはまた繰り返すので結果的にミスが多いという特徴が生まれるのでしょう。

以上、4つをご紹介しました。

ミスが多い人というのは集中力に欠ける・やる気がないなどあまりよくない特徴が多くなります。

ですが、不器用な人というのはこつこつと頑張れば職人のように上手になることもあるので「誠実さ」が

そのバイトを信用するかどうかのカギになるのです。