バイト中にミスし社員へ謝罪するときに心がけたい4つのこと

バイト中にミスし社員へ謝罪するときに心がけたい4つのこと

バイトを始めると誰でもやりたくなくてもやってしまうのがミスでしょう。

ミスをしてしまうとお客様だけでなく上司や社員にも謝らなければならないことも。

社員さんや先輩との関係が悪くならないためにもミスした際にしっかりと謝るときのコツを身につけておきたいものですね。

そこで今回はバイト中にミスし社員へ謝罪するときに心がけたいことについてご紹介します。

1.ミスを認めて謝る

お客様にミスを指摘されて、お客様と自分の間でどうにか解決してしまっていてもミスしてしまったことは変わりません。

お客様が許してくださったとしてもミスしてしまったことを上司や社員などにしっかりと報告するようにしましょう。

怒られるのが嫌だからといってミスを隠してしまうとばれた時にもっと怒られてしまいますし、

何よりもミスを繰り返してしまうことにつながってしまうでしょう。

上司や社員を怒らせないためにもミスをして謝るときは自分の間違いもすべて認めて報告し謝るようにしましょう。

そうするとミスを怒る側としても次にミスをしないために教育をすることもできますし、起こしてしまったミスに対する正しい対処ができます。

すべてを認めて報告し謝るというのは必ず心がけておきましょう。

2.ミスをしないためのコツを聞く

ミスをしてしまったときに、社員や上司が求めるのは「同じミスを繰り返さないこと」でしょう。

そのため、ミスをして謝るときにただ「ごめんなさい」と謝るよりも上司や社員の指摘やアドバイスを聞いて、余裕があればメモをしましょう。

そういった「ミスを繰り返さないように努力する」という姿勢が見えれば上司も一度や二度のミスではそこまで怒らないでしょう。

なによりも、新人アルバイトの場合は教育が優先なのでミスをしたとしても、

そのミスでアルバイトが成長してくれていればそのくらいのミスは気にはしないのです。

逆にもっとも困るのが、アルバイトがミスをしたときにミスを反省していなかったりミスから何も学ぼうとしていない場合だそうです。

3.真っ先に社員に報告し謝る

アルバイト中のミスでも場合によっては時間が経つと取り返しがつかなくなってしまうことがあります。

そのため、ミスをして謝るときはできるだけ迅速に報告して謝るようにするとよいでしょう。

ミスを早く社員さんが確認できれば迅速に対応をして会社への損害も最低限に抑えることができます。

ミスをしてしまって謝るのは怖いかもしれませんができるだけ早く報告して謝るようにしましょう。

これは、お客様に対しても同じでミスを隠して後で大事になるよりもすぐにミスを謝って訂正をするなどの対応をさせてもらいましょう。

4.正しい言葉遣いで謝る

ミスをしてしまったのですから、相手がお客様であれ社員であれしっかりと謝らなければいけません。

「すいません」「ごめんなさい」などではなくちゃんと「申し訳ございませんでした」と正しい言葉遣い・丁寧な言葉遣いで謝罪をするようにしましょう。

言葉遣いだけでも誠意は伝わるものですし、特にお客様にミスを謝罪するときに言葉遣いがなっていないと

会社の教育を疑われてしまうので気を付けるようにしましょう。

どんなに親しいお客様や社員だとしてもミスはミスです。

フランクに謝るのでは信用を失ってしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも謝り方をしっかりと覚えておくようにしましょう。

いかがでしょうか。

今回はバイト中にミスし社員へ謝罪する際に心がけたい4つのことをご紹介しました。

バイトがミスを起こしてしまうことはある程度折り込み済みのこと。

なので怖がらずにしっかりとミスは報告して謝るようにしましょう。

ミスをしてしまってもミスを反省して直す努力が見られればそこまで怒られてしまうことはありません。

少しのミスでも怒鳴りつけられたり暴力を振るわれるバイト先であればパワハラなのですぐにやめるようにしましょう。

関連情報(外部サイト)