バイト先で無能と思われるアルバイトの特徴4個

バイト先で無能と思われるアルバイトの特徴4個

アルバイトは社員ほどの責任はないものの、お店のスタッフの一人です。

周囲の人から「仕事ができない」「無能だ」と思われているアルバイトの特徴をご紹介します。

1.分からないことを自分から聞いてこない人

アルバイトを始めると分からないこともあるはずです。

分からないことを自分から聞いてこない人は、周囲の人から無能だと思われているアルバイトの特徴です。

社員やアルバイトの先輩たちは、アルバイトの行動を付きっきりで見守っていることはありません。

そのため、アルバイトがどこの部分が分からないのかに気付くことは難しいでしょう。

分からないことをそのままにして仕事をすることは非常に危険です。

分からないことがあることは恥ずかしいことではありません。

聞くのは恥ずかしいと考えて、質問にこないアルバイトは仕事ができないと思われている可能性がとても高いです。

分からないことを社員に聞くことで、仕事の効率も良くなり、社員から信頼を得ることができます。

分からないこと忘れないようにメモしておいて、あとから確認することを習慣にしましょう。

問題を一つずつ解決することで、仕事も楽しくなりますよ。

2.自分で判断して行動する人

マニュアル通りにアルバイトをしていても、予期せぬ出来事が起こることもあります。

接客業では、お客さんからクレームを言われることもあるでしょう。

そんなときに誰にも相談せず、自分で判断して行動する人は周りから無能だと思われます。

アルバイトは社員ほどの責任はありません。

しかしアルバイト一人が起こした行動が大きな影響を与えることもあります。

予期せぬ出来事が起こったときには、一人で考えて行動せずに社員に相談することを頭に入れておいてくださいね。

3.他のアルバイトをフォローしない人

他のアルバイトをフォローしない人も無能と思われている人の特徴です。

ほとんどの場合、新しいアルバイトにはその人に仕事を教える人が付くはずです。

しかし、教育係以外の人が仕事を教えてはいけないわけではありません。

新しいアルバイトが困っているときに「こういうときはこうするといいよ」と

一言伝えることで新しいアルバイトも安心し、ミスも減るはずです。

新しいアルバイトが困っているときに、自分は教育係ではないからとフォローをしない人は

周りから仕事ができない無能な人だと思われているでしょう。

自分が困っているときに他の社員やアルバイトがフォローしてくれることがあるはずです。

自分も他の人の仕事をフォローすることを忘れないようにしましょう。

4.分かったふりをする人

仕事で分からない部分があるのに分かったふりをする人も無能だと思われている人の特徴です。

仕事を教えてもらったときに、「何か分からないことはある?」と聞かれることもあるはずです。

そんなときに「大丈夫です」と答えておきながら、何度も同じミスをすると他の社員やアルバイトは、

分かったふりをしていたのではないかと疑ってしまいます。

また教えた側としては分からないことはあるかと確認の質問をしています。

それなのに分かったふりをされたと分かると信頼関係も崩れてしまいます。

そんな人のミスをフォローしたくないと思ってしまいますよね。

仕事を教えてもらったときには、メモをとるようにしましょう。

一度教えてもらっても忘れることはあります。

そんなときにはきちんともう一度質問しに行きましょう。

いかがでしたか。

今回は周囲の人から「仕事ができない」「無能だ」と思われているアルバイトの特徴を4つ紹介しました。

アルバイトも立派なスタッフの一人です。

アルバイトで得た知識が、違う会社で働いたときに役立つこともあります。

お金をもらって働いているという意識を忘れずに、周囲の人と協力して楽しくアルバイトをしてくださいね。

関連情報(外部サイト)