バイト先で馴染めない時に溶け込む方法3つ

バイト先で馴染めない時に溶け込む方法3つ

新しいバイト先、始めてもう一ヶ月以上経つけど全然馴染めない……そんな事もあると思います。
ではそんな時はどうするべきでしょうか。とりあえず、前向きに考えるならどうすれば馴染めるかです。

馴染むの定義は人によって異なるでしょうが、とりあえずは仲間と良い関係を築くという点に絞って対策を考えてみましょう。

一人でいる男性

1.とりあえず、寡黙な働き者を演じてみる

古今東西、日本では勤勉である事は美徳とされています。
仮に話し下手で円滑なコミュニケーションを取る事が難しくても、一生懸命真面目に仕事をしている姿を見せれば悪く思われる事はありません。

とにかく言葉少なに仕事に打ち込んで、コミュニケーションの土台となる真面目な人物を演じましょう。深く静かに、関係を近づける為のチャンスを待つのです。

しかしあまりに喋らないと意思疎通や通常の業務もままならないので、必要な会話はした方がいいでしょう。あまり堅物と思われても後が続かなくなってしまうので、最低限の付き合いは出来るんだぞ、とアピールしておく事も大事かもしれません。

2.ノリと勢いで乗り切る

前項とは正反対の方法ですが、今時の若者特有のノリと勢いで強引に関係を近づけてしまう方法です。特に職場の平均年齢が若い場合に効果を発揮するでしょう。

にかく場を盛り上げて、やかましいけど楽しい人だし悪いやつではないという印象を与え、話し易い人物であるという事をアピールします。

既に出来上がっている関係に強引に切り込んでいく方法なので、場合によっては逆に鬱陶しいやつという印象を与えてしまう事もある諸刃の剣なので注意が必要です。

また、ご年配の方々には軽薄な輩であると思われて印象が悪くなるかもしれません。

3.仲間達の会話に耳を傾け、入れる話題を探すまたは作る

長い仕事の合間、時には仲間達が雑談を交わす事もあるでしょう。普段ならどうでもいいような情報ですが、こと人間関係に切り込んで行くには重要な情報の宝庫です。

特に趣味の話は聞き漏らさないようにすると良いでしょう。人間誰しも趣味を持っており、それを理解してくれて語り合える相手がいるというのは嬉しい事なのです。

聞き耳を立て、得た情報から話題に使えそうな知識を学び、次にその話題になった時に「実は私も」と切り込んでいくのです。

但し付け焼刃の知識ではボロが出て、悪い印象を与えかねません。完璧に学ぶか、それを切り口として上手く話題をこちらのフィールドに引き寄せましょう。

4.全ては仕事上の事であると割り切る

少々趣旨から外れてしまうかもしれませんが、逆に考えましょう。全ては仕事のみの関係で、どうでもいい事なんです。
バイト先ではきっちりと仕事をこなし、必要な意思疎通だけを行い、淡々と生きる。一番目の項目と似ていますが、あちらと違いこちらは完全に人間関係を捨てている点が異なっています。

仕事さえきちんとしていれば給料は貰えますし、業務に問題が出ない限り何の問題もありません。

別にここで仲良くせずとも、外に出れば友人なんてたくさんいる。だったら無理をせず、割り切ってしまえば心も随分と軽くなる事でしょう。

とりあえず成り行きに任せてみることも大切

同じ仕事の仲間とは言え結局は他人の集まり、皆違う人間ですので上手くいかない事もあるかと思います。
もしかしたら「馴染めていない」と焦る事が一番いけない事で、あまり構えず成り行きに任せるというのが一番の正解なのかもしれませんね。

ともあれ、これらが一歩進んだ人間関係の近道の一つである事は間違いないでしょう。

関連情報(外部サイト)