バイトが決まってお祝い金を貰える嬉しい理由とは!

バイトが決まってお祝い金を貰える嬉しい理由とは!

アルバイト求人に応募して採用が決定すると、お祝い金がもらえるケースがあることをご存知ですか?

まだ働いてないのに、お金がもらえること自体が怪しいと感じる方も多いでしょう。

しかし、アルバイトを探していた期間の交通費や通信費などの諸経費がかさんでいるとしたら、

勤務後の初任給を待たずしてもらえるお祝い金は非常にありがたいものです。

お祝い金は採用決定した企業ではなく、アルバイトの求人情報を掲載しているサイトから採用決定者へ支払われますが、

お祝い金システムを導入しているサイトに限定されるので注意が必要です。

それでは、このシステムの概要とお祝い金を受け取るまでの流れをご紹介します。

1.お祝い金システムとは何か

お祝い金とは、「採用決定おめでとう」の意味合いで求人掲載サイトから払われるプレゼントです。

お祝い金付求人広告を出しているサイトは、採用決定して初めて求人企業側から広告掲載料が支払われる制度(成功報酬型制度)を利用しています。

企業は、採用が決定するまで広告料が発生しないので、納得のいく応募者があらわれるまで待つことができ、かつ、

お祝い金システムのおかげで多数の応募者が期待できるのがメリットです。

広告掲載サイトは求人企業から受け取る広告料の一部を採用が決まった応募者に還元することになります。

このシステムを導入することによってお祝い金のない求人情報サイトと差をつけ、多くの応募者を募ることができるのです。

応募者が多ければ採用の確率も上がり、報酬アップにつながるのです。

求人企業、応募者、広告掲載サイト3者全員にメリットがある制度と言えます。

これがお祝い金システムの概要です。

2.お祝い金の額は一律ではない

お祝い金の額は、アルバイト求人掲載サイトによって異なります。

大抵は1,000円から30,000円前後ですが、お祝い金の額によって仕事が厳しかったり簡単だったりすることはありません。

お祝い金と仕事の内容は全く関係ありませんので、もらえればラッキー程度に考えて応募すれば大丈夫です。

しかし、求人企業側は複数の求人情報サイトに広告を出しているので、同じ仕事に応募するのであれば、

お祝い金システムを導入しているサイトから応募した方が断然お得と言えます。

応募する際は複数のサイトをよく検討してみるようにしてください。

3.お祝い金の受け取り方法

お祝い金は初勤務を完了した後、勤務継続の意思がある場合に限って支払い申請が可能になります。

申請するには、アルバイトの求人掲載サイトの申請フォームに記入して送信するのが一般的です。

その際お祝い金の振込み先となる口座の記入が必須になりますので、口座を持っていない方は事前に銀行で手続きしてください。

申請を受けた求人掲載サイトは、雇用主に申請者の勤務状況を確認し、問題がなければ申請から約1カ月でお祝い金を振り込んでくれます。

4.採用決定したのにお祝い金が受け取れないケースもある

お祝い金をくれる求人掲載サイトから応募し、採用決定したのにお祝い金をもらえないケースもあります。

一番多いケースとしては、勤務後数日で仕事を辞めていたケースです。

お祝い金は勤務初日後から申請できますが、ほとんど働かないまま職場放棄していることが発覚すると、

悪質な「お祝い金稼ぎ」とみなされて支払いは差し止めになります。

また、勤務していても雇用主から勤務態度が悪いと評されたり、仕事の継続が疑われたりする場合も支払ってもらえない可能性があります。

また、応募の際の履歴書に虚偽の記載があったり、アルバイトが禁止されている学校の生徒が応募していたことが発覚したりしても、

お祝い金はもらえません。

求人企業と仲介した情報掲載サイトを「騙す」行為は全てお祝い金をもらえなくなるので注意してください。

まとめ

アルバイトの求人情報サイトによってはお祝い金システムを導入しているところがあります。

お祝い金は求人企業側からの広告掲載料金の一部なので、心配はいりません。

採用後、真面目に勤務している限り申請を断られることはありませんので、うまく利用すると良いでしょう。

関連情報(外部サイト)