バイトで先輩に怒られる。やってはいけない5つの行動

バイトで先輩に怒られる。やってはいけない5つの行動

アルバイトを経験した、または現在している方は非常に多いですよね。

世の中には本当にたくさんの職種があり、必要とされるスキルは異なります。

アルバイターは正社員と全く同等のスキルを求められることは少ないものの、あたえられた仕事を確実にこなす最低限のスキルは必要とされます。

労働の対価として給料を受け取る以上は雇用主の期待に応えなければならないのです。

アルバイトを始めた当初は仕事について直接指導してくれるのは先輩ですよね。

先輩の話をよく聞いて、少しでも早く一人で作業できるようにならなくてはいけません。

先輩は自分の作業時間を割いて指導しているのですから、ちゃんと話を聞いて理解しなければ腹を立てるのも当然です。

それでは、先輩に怒られる行動とは具体的にどのようなものがあるかご紹介します。

1.挨拶ができない

どんな職種でも挨拶はとても大切です。

職場に入る時の挨拶、お客様への挨拶、電話対応の挨拶などたくさんあります。

挨拶は人と円滑にミュニケーションを取るために欠かせません。

誰に対しても大きな声で元気よくはっきり口に出す様にしましょう。

しっかりした挨拶ができていない場合は先輩から注意されることは間違いありません。

自分ではしっかり挨拶をしているつもりでも意外と小さい声でボソボソ言っているのかもしれませんから、直すように努力してください。

2.身だしなみが悪い

アルバイトの職種によって規定の服装は異なります。

職場によっては社内で統一された制服を支給されますが、ほとんどの場合が私服です。

私服勤務ではありますが、「地味な感じ」とか「靴下は白で靴は黒」などと大まかな指定をしてくることが多いでしょう。

会社からの指示とは大きく外れた服装をして行けば当然怒られます。

また、服装は合っていてもメイクが派手すぎたり、奇抜なヘアスタイルやネイルなどをしていたりしても注意されるでしょう。

また、二日酔いで酒臭かったりしても職場の雰囲気を悪くするので怒られます。

服装で迷ったら、先輩のコーディネートを参考にするのが一番安全です。

似たような感じでまとめておけば問題ないでしょう。

3.話を聞く態度が悪い

先輩から注意や説明を受けている時、どんな態度で話を聞いていますか?先輩と目を合わさず俯いていませんか。

明らかに不貞腐れた態度を取っていませんか。

ちゃんと返事をしていますか。

せっかく時間を割いて指導しているのに、後輩の話を聞く態度が悪かったら、先輩だって怒ります。

真摯な態度で話に耳を傾けてくれないのだったら注意すらしてくれなくなるかもしれません。

先輩は決して暇ではないのです。

自分の時間を潰してまであえて注意をしてくれているのですからありがたく受け止め、仕事に活かすようにしてください。

4.同じ過ちを何度も繰り返す

いくら指導しても同じ過ちが繰り返されていたら、先輩は腹が立ちますよね。

「この前も注意したのに、またか」と残念に思うからです。

先輩が厳しく色々な事を注意したり、指導したりするのは後輩に期待しているからです。

できる能力があると認められている証拠です。

ですから、先輩の注意はよくきいて自分自身がこりなければいけません。

こりて次は絶対に同じ過ちを犯さないよう努力するようにしましょう。

5.謝罪ができない

職場の人間やお客様に対して素直に謝れないアルバイターは怒られます。

仕事上のミスで先輩に注意を受けた時、第一声は謝罪の言葉でなければいけません。

素直に自分の非を認めることは恥ずかしいことではありませんし、当然のことです。

お客様に対して謝罪するのが苦手な方もおられるでしょう。

ほとんどの場合は「申し訳ありません」と一言添えるだけで良いので、相手の目を見てはっきり言うように心がけるとよいでしょう。

まとめ

このように、アルバイト先で先輩に怒られてしまう行動はたくさんあります。

ほとんどが社会生活における一般常識を守っていないことが原因です。

挨拶や身だしなみ、謝罪などは普段から気を付けるべきことです。

職場で先輩に怒られたくないと思う方は、先輩の注意をよく聞いて、何が悪かったのか理解し、

二度と同じ過ちを繰り返さないためにどうすればよいのか考える必要があります。

自分で答えが出せない場合は先輩や同僚に意見を求めるのも良いでしょう。

自分で慎重に考え、行動に移していけば先輩から怒られる機会は自然と減っていくでしょう。

関連情報(外部サイト)