バイトに応募する際の履歴書の送り方

バイトに応募する際の履歴書の送り方

アルバイトの募集でも最近では書類選考を行うところも増えてきており、書類選考でも落とされることも珍しくありません。

そこで、今回は「アルバイトの履歴書を送る際に気を付けたいこと」をご紹介します。

1.使用する封筒や宛名の書き方

記入し終えた履歴書を入れる封筒ですが、使用する封筒は出来れば茶封筒は避けるべきです。

人事の方によってはあまり気にしない方もいらっしゃいますが、白色の封筒で送った方が無難と言えます。

それともう一つ重要なのは封筒のサイズであり、履歴書を折らなくても済むサイズを選択してほしいのです。

これは、履歴書とは言っても一種の書類であるため、書類を簡単に折ってしまうような人は印象が悪くなります。

ですから、A4の履歴書を使用したのなら、それがきちんと入るサイズの封筒を購入しましょう。

そして宛名を書く際、送付先の住所は番地まで、会社名を書く時には株式会社を(株)等と略さずに書き、

封筒の左下には「履歴書在中」と赤字で記入します。

裏面の自分の住所に関しては封筒の真ん中より少し左側の位置から住所と名前を書き始め、最後に送付する日付も記入してください。

2.履歴書の入れ方について

履歴書を入れる際にもいくつか注意点があり、まず、完成した履歴書をクリアファイルに入れるということです。

これは、郵送の際に中の履歴書が折れてしまうことや雨の日でも汚れないようにするためであり、

このような配慮を行うことでも人事の方の印象は変わってくるでしょう。

クリアファイルは高いものでなくても、100円ショップで売っているようなもので十分です。

クリアファイルに入れた後は封筒の表面と同じ向きにそれを封筒に入れ封をします。

封をする際には、セロテープやホッチキスで止めるようなことはせず、糊を使って封をしてください。

この際、スティックタイプの糊を使用するとよりキレイに封ができるでしょう。

そして封をした後の閉じ目の部分に“〆”の字を書くことも忘れないでください。

3.添え状を付けること

履歴書を送る際にはもう一つ重要なことがあり、添え状を忘れずに付けるということです。

添え状は日付、会社名、人事の方の名前、そして、書類選考がある場合には“採用ご検討のお願い”というタイトルを記入し、

挨拶文や応募に至った経緯、簡単な自己PR等を記入しましょう。

このように、添え状はこれから選考を行っていただく方への挨拶の意味も含まれていますので、そのことを認識して作成してください。

また、この添え状は履歴書の上になるように封筒に入れ、封筒に入れる際はクリップで止めておくことで

書類がバラバラになることを防ぎ、そこでまた印象が良くなる可能性がありますので行っておくとよいでしょう。

アルバイトでもこのような小さな心遣いが出来る人は会社でも好かれやすいです。

ここまでアルバイトに応募する際の履歴書の書き方について色々とお話してきましたが、いかがだったでしょうか?

中にはアルバイトでそこまでする必要はないと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、

アルバイトであってもそれでお金を頂くわけですから、社会人としての最低限のマナーは見られるでしょう。

先にご紹介した内容はまさにその最低限のマナーでもあります。

ただ、いくら履歴書の送り方を完璧だったとしても、肝心の履歴書の中身や面接の際の印象が悪かったのでは元も子もありません。

今回は履歴書の書き方や面接については触れませんでしたが、そのような情報に関しては対策本が出ており、

インターネット上にも沢山の情報が存在しますので、そちらを参考にしてください。

関連情報(外部サイト)