バイトでパワハラを受けた時の対処法!証拠集めと相談が何より大事!

バイトでパワハラを受けた時の対処法!証拠集めと相談が何より大事!

バイト先で店長や先輩からパワハラを受けていてもどう対処したらい良いか分からずに泣き寝入りしているケースが増えているようです

今回はそんな理不尽なパワハラを受けた時の対処法をご紹介します。

1.迅速な行動を

パワハラを受けていた方のほとんどが「最初は良い人だったのに…」と口を揃えて言う事が多いです。

最初はちょっとしたことでも、パワハラはどんどんエスカレートしていく事が多くみられます。

被害者側もパワハラに対して、「またか」で済ませてしまうことも少なくありません。

被害者側が我慢し、パワハラに慣れてしまうことで、そのうちに感覚が麻痺してしまいます。

すると、被害者の精神状態が壊れたとしても、加害者側の歯止めが効かなくなってしまい、最悪の結果になってしまう場合もあります。

そうならないためにも、素早く動く事が重要なカギとなっていきます。

2.録音する

パワハラを受けていると思ったら、すぐに会話の録音をしましょう。

ボイスレコーダーやスマートフォンと言った機械使い、起動させておけばポケットに入れておくだけで、会話の録音ができます。

これらの会話内容を録音しておくと、パワハラの証拠となり、相手が言い逃れ出来ない状況にまで持っていくことが出来ます。

写真や動画撮影の方が良いですが、現実的に考えると厳しいものがありますので、会話の録音記録だけでも撮っておきましょう。

録音出来たら、その場で見せたり聞かせたりするのではなく、必ずコピーを別の場所に取っておく事が重要です。

その場で見せた場合、相手が逆上して機械を壊される可能性があります。

せっかく録音に成功しても、壊されてしまったら意味がないので、証拠を別の場所に確保してから行動に移しましょう。

3.誰かに相談する

立場が同じバイトで、入店時期が早い先輩バイトからパワハラを受けた場合は、上司に当たる社員や店長に相談してみましょう。

社員や店長に話しにくい場合、他の先輩バイトの方に相談すると、社員、あるいは店長に相談内容が伝わる可能性が十分考えられます。

パワハラをしている方が、真面目でおとなしそうな人であった場合、「そんな事をする人じゃない」と思われたり、言われたりする事も多いです。

そんな時に録音したものや写真等の物的証拠を見聞きさせれば、先輩や上司に当たる人はすぐに動いてくれます。

バイト先の頭となる、店長やオーナーからパワハラ被害を受けていた場合、本社にある相談窓口を利用するようにしましょう。

ただ、同社の相談窓口の場合、プライバシー保護等の観点や、機能の問題もあるかと思いますので、

本当に信用できるかと言われれば、その限りではありません。

個人経営の店舗の場合、本社が存在しない事も多々あります。

そんな時は、労働基準局や厚労省が運営している機関に相談しましょう。

4.退職する選択肢

個人経営の店舗によっては、バイトが一人しかいなく、店長からパワハラを受けている場合もあります。

チェーン店の場合でも、相談できる相手が居なかったり、国の機関に相談する勇気が無い等の事情がある場合もあります。

そんな時は、退職するという選択肢も有りです。

退職と言うと、「逃げる」と言われがちですが、「自分の身を守るために離れる」と捉えた方が、気持ち的に楽でしょう。

法律上、「バイトでも退職する際は、15日前までに申し出る」とありますが、身の危険を感じる等の理由があれば、この限りではありません。

退職について、加害者側から何かを言われた場合も、有効になるのが物的証拠です。

いかがでしょうか。

パワハラ加害者は法律に反した行為をしているんだと言う事を念頭に置き、行動する事が大切です。

パワハラが原因で行われる裁判も珍しくないので、勇気をもって証拠を集めることも、自分の身を守るための重要な手段だと言えます。

例えバイトであったとしても、そこにいるのは機械ではなく、一人の人間なのですから、

「一人で悩まず、誰かに相談する事」が、もっとも大切な事だと言えます。

関連情報(外部サイト)