バイト先で恋愛のきっかけを作る4つの行動

バイト先で恋愛のきっかけを作る4つの行動

多くの恋愛のきっかけとなる場所はバイト先です。

学生の間では、バイト先での恋愛が、部活やサークルに次いで、上位に食い込んでいます。

では、どういったきっかけを経て、恋愛にまで発展しているのでしょうか。

今回はバイト先で恋愛のきっかけを作る行動をご紹介します。

1.一生懸命仕事に打ち込む

「たかがバイト」と、いい加減な態度でバイトをしていると、「性格が悪そう」と思われ、恋愛の対象外になりがちです。

どんな些細な作業であっても、真剣に取り組むことで、「真面目な人」と印象を付ける事が出来ます。

例えば、シフトで人数が足りない日があった場合、特に予定が無ければ積極的にバイトに入るようにしましょう。

そうすることで、バイト内での人間関係を知るきっかけにもなりますし、コミュニケーションをとる機会が自然と増えていきます。

接客業であれば、お客さんに顔を覚えてもらえ、話す機会も自然と増えていきます。

仕事熱心で真面目に作業をする事で、好印象を与えることが出来ると同時に、周囲からも好印象を与えることが出来るでしょう。

2.挨拶をしっかりする

積極的にシフトに入り、真剣に作業をしていたとしても、挨拶が出来なければ一般常識を疑われる事になり、恋愛には発展しません。

「仕事は出来るけど常識が無い人」と思われてしまったら、恋愛対象から確実に外れますし、話しかけにくいと言う印象を周囲に与えてしまいます。

例えば、「仕事は出来ないけど挨拶はきちんと出来る人」と、「仕事は出来るけど挨拶が出来ない人」のどちらかを

バイトに残すと言う選択肢になった場合、バイト先は「挨拶が出来る人」を残します。

「仕事が出来ないのになんで?」と思うかもしれませんが、仕事は周囲がフォローすればいいだけですし、

時間が解決してくれることが多いですが、挨拶できない人は、周囲の空気を悪くしてしまう事が多く、恋愛以前の問題になりかねません。

バイトに行ったときは、必ず挨拶をするようにすれば、話すきっかけにもなりますし、好印象を与えることが出来ます。

3.休憩時間を有効に使う

積極的にシフトに入っていると、特定の人とシフトが被る事が多くなります。

その時にやってはいけないのが、スマホなどの携帯をいじる事です。

スマホ等をいじっていると「話しかけずらい」と思われてしまい、無言のまま休憩時間が過ぎる事も少なくありません。

興味が無い人と一緒に休憩に入ったとしても、スマホばかりをいじっていると、悪評がバイト内に流れ、無意識の行為が印象を下げる可能性もあります。

一人で休憩している際はかまいませんが、後から休憩に入ってきた人がいる場合、すぐにスマホをテーブルに置くようにし、

バイト同士でのコミュニケーションをとるようにしましょう。

そこで話が盛り上がり、意外な一面を見る事もあり、恋愛に発展しやすいと言えます。

4.イベントには極力参加をする

歓迎会や送別会等、バイトでも様々なイベントがあります。

バイトが一同に会する特別な日で、恋愛のきっかけとなる重要な日です。

連絡先の交換をする事も、大勢のバイトがこの日をきっかけに連絡先の交換をすることが多く、そこから恋愛に発展する事もあります。

普段の姿を見る事が出来るので、大勢の方の意外な一面を知るきっかけにもなりますし、気になる人の隣に座る事も出来るでしょう。

ただし、「誰かの悪口を言う事」は絶対にやってはいけません。

周囲に合わせて誰かの悪口を言うと、端から見ていた人は「嫌な奴ら」と言う目で見られてしまいがちですし、バイト内の空気も悪くなります。

周囲が悪口を始めた場合、さりげなく席を移動したり、受け流すだけに留めておきましょう。

いかがでしたか。

バイト先での恋愛のきっかけ作りは、仕事熱心で挨拶がきちんとできていれば、不可能ではありません。

自分から話しかけるのが恥ずかしいと思っても、挨拶だけはしっかりとしておきましょう。

コミュニケーションをとる方法として一番簡単なのが、休憩中にわからない事を聞く事です。

後輩に対しては、「わからないことある?」と聞いてみると、会話のきっかけになり、恋愛に発展しやすくなっていきます。

関連情報(外部サイト)