バイトの書類選考で落ちてしまう理由3個

バイトの書類選考で落ちてしまう理由3個

バイトを始めるにあたり、履歴書などの書類を応募先に送付することって結構ありますよね。

人気のバイトなら応募者の数が多いため、全員を面接するわけにはいきません。

そこで、送られてきた書類のみでまず書類選考が行われます。

ここでは書類選考で落ちてしまう理由について紹介します。

1.書類の字が雑

字が雑だと書類に目を通してもらえない可能性があります。

どんなにその仕事をしたくても、読んでもらえないと始まりませんよね。

字にはその人の性格が表れるとよく言われます。

でも、「俺、字書くの下手だし、もうダメだ」と思う必要はありません。

選考する人事の方が見ているのは、一生懸命書いたか、丁寧に書く努力をしているかということです。

字が下手でも、丁寧に気持ちを込めて一画ずつゆっくり書いていればそれは相手に伝わります。

逆に適当にさらっと書いていると、本当にやる気あるのかなと疑われてしまいます。

字は、一画一画丁寧にゆっくり書くようにしましょう。

また小さい字だと読みにくいので、適度に大きめの字で書くと

同じ下手な字でも大きい方がキレイに感じる傾向があります。

かといって、書類の枠からはみ出してはいけません。

2.写真を貼っていない、もしくは写真の身だしなみが整っていない

意外と多いのは写真を貼り忘れるミスです。

履歴書を先に記入し、最後に写真を貼って出そうと考えていて、

のりも写真も準備していたのにうっかりそのまま出してしまうことがあります。

書類選考では本人に会うわけではありませんので、本人がどういう人物かを書類から判断します。

書類や履歴書に写真を貼って応募するようにと書いてあるのにも関わらず写真を貼っていないと、

約束を守れない人、指示を無視する人と思われ、

もし雇ってもこの人は指示を守れないのではないかと判断され落とされてしまいます。

また、写真の身だしなみも大事です。

例えば、店員さんでヨレヨレの服に髪がボサボサな人と、

しっかりスーツを着て髪を整えている人がいる場合、あなたならどちらの人に接客されたいですか。

恐らく、ほとんどの人が後者です。

人事の方も同じです。

この人なら一緒に働きたいと思われるように、髪や服装、男性なら髭もしっかり整えて写真を撮りましょう。

3.志望動機が真っ白

志望動機に何を書いたらいいか分からないという人がいます。

たくさんの会社を応募している場合やとにかく働いて稼ぎたいと考えている場合、

どう書いていいか分からないというのも頷けます。

でも、だからといって真っ白では書類選考で落とされてしまいます。

人事の中には志望動機しかみないという人もいます。

そんな人ばかりではないにしても、志望動機を重要視する人は少なくありません。

志望動機がはっきりしていると仕事に対するモチベーションも高いと考えているからです。

バイトだし、なんて考えではダメです。

バイトも仕事です。

モチベーションをしっかり持って取り組める人材を会社は求めています。

それでも何を書こうか迷う人はいると思います。

まずは自分の気持ちを見つめ直してみてください。

必ず、何かそのバイトに応募したいと思ったきっかけがあると思います。

それを掘り下げて考えてみてください。

数あるバイトの中から、そのバイトに決めたからにはきっと何かあります。

給与がいい場合でも、他にも給与がいいバイトはあるのに、それを選んだのは、

自分のこういう性格・特技が生かせそうだからなどと、少しずつ見えてくるものがあると思います。

それを文章にするのが苦手な人はネットで、「バイトの職種志望動機」などで

検索するとたくさんの志望動機の例文が出てくるので参考にしてみるといいです。

例文丸写しはいけません。

嘘を書くと、後の面接でばれてしまいます。

自分を見つめ直して、書けそうなものが見えてきたら例文を参考に文章にしてみてください。

今回は書類選考で落とされるポイントについてご紹介しました。。

バイトだからと気を抜かずにしっかり対策すれば書類選考は通過できます。

書類を書き始める前に、もう一度これらのことを注意してみてください。

関連情報(外部サイト)