バイト採用が決まった後に辞退する時使える理由5つ

バイト採用が決まった後に辞退する時使える理由5つ

あなたはアルバイトが決まった後に、どうしてもアルバイトをすることが出来なくなった経験はありませんか?

アルバイトをする時間が無くなってしまったり、家族の都合で出れなくなるなど、様々な理由があると思います。また、あまり胸を張って言えない理由でアルバイトの採用を辞退する時もあるかもしれません。

今回はアルバイトで採用の連絡をもらった時に辞退するために使える理由を紹介します。

電話越しに謝る男性

1.学業や家業など別の理由が忙しくなったことにする

学生さんや実家が自営業をしている人が使いやすい理由です。採用前はアルバイトをする時間があったけれども、連絡をもらうまでの間に急に忙しくなってしまったという理由です。

自分はアルバイトをしたかったという意思を伝えつつ、周りのせいで仕方なくという理由をアピールできます。

例「採用が決まるまでに学業やゼミ活動が忙しくなってしまった」「急に家業を手伝わなければいけなくなってしまった」

2.別の仕事が決まったことにする

社会人の方が使いやすい理由です。生活するためには他にいい仕事があったらそっちに行くというのは、自然な考え方です。うまく使いましょう。

例「採用前は生活のために働こうと思っていたが別のいいアルバイトが決まった」「並行していた求職活動がうまくいって正社員としての採用が決まった」「友人が仕事を紹介してくれた」

3.家族の都合で急に土地を離れなくてはならなくなったことにする

両親や家族と暮らしている方が使いやすい理由です。これも自分は働きたかったが周りの都合で仕方なくということをアピールできます。ただし昔から近所に住んでいる場合に使ってしまうと、途端に住みづらくなってしまいます。

昔から住んでいる土地で、近所でアルバイトをする時はこの理由は避けましょう。

例「父(夫)が急に転勤しなくてはならなくなった」「夫(妻)が実家に帰らなくてはならなくなった」

4.家族の都合でアルバイトが出来なくなったことを伝える

これも両親や家族と暮らしている方が使いやすい理由です。あくまでも自分は働きたかったというアピールをすることで、スムーズに辞退することが出来ます。これも3と同じくずっと実家に住んでいて、近所でアルバイトをする時などは変な噂が立つのでこの理由は避けましょう。

例「学業に専念しないのならば仕送りをやめると言われてしまった」「両親を介護しなくてはならなくなってしまった」

5.正当な理由があるなら正直に話す

もしも正当な理由があるならば、それを話すことが一番いいという場合もあります。

特に小さな町で暮らしている場合は下手に嘘をついてしまうことで暮らしにくくなる可能性もあります。近所のコンビニなどでアルバイトをする場合は、下手に嘘をつかずに正直に話すこともひとつの方法になります。

環境のせいにして辞退することが一番スムーズ

基本的に「環境のせいで仕方なく」辞退することがスムーズに辞退するコツになります。

「せっかく採用が決まったのに申し訳ないなぁ」と、あまり悩みすぎずに上手く周りの環境を使って辞退しましょう。

関連情報(外部サイト)