バイトのシフト交換を依頼された時の断り方5つ

バイトのシフト交換を依頼された時の断り方5つ

アルバイトについて、急なシフト変更を求められると、ちょっと嫌だなっていうようなことがありますよね?
無理に断ろうとするとなんだかアルバイト先で、嫌な雰囲気になってしまうことを心配してしまいます。

そこで、今回はアルバイトについてシフト変更を依頼されたときの上手な断り方についてご紹介します。

スケジュールを立てる男性

1.用事がすでに埋まっていることをしっかりと伝える

やはり、アルバイトのシフト変更のお断りをするには王道と言えるほどの断り方です。

既に用事が詰まっているとなりますと、相手はシフト変更を頼むことができませんから、そこであきらめる可能性は高いです。

ですが、そこから何とか用事を変更できないかと言われることもあるでしょうが、基本的にその日しか相手との予定が空いていない、
家族との重要なことなどがあるというような用事をいうことによって相手がそれ以上言いにくいような説明をするといいかと思われます。

2.なるべく話しかけられないようにあらかじめ距離を取ったりなどする

アルバイトのシフトを言葉で断りにくかったり、なんとなく、最近見たシフト表が埋まってなくてシフト変更などを頼まれそうといった時には
あらかじめ相手から話しかけられないような雰囲気や態度を作っておくのもいいです。

例えば、忙しそうに仕事をしていたりすれば相手もその状況では話しかけずらいでしょうし、一定の距離を取って接することを避けるなど
シフト変更の話自体をされないような状況をできる限り作ってみましょう。

また、仕事が終わった時にはできる限り素早く変える準備して、話しかけるタイミングを作られないようにするのです。

そうすれば、話が下手な人や頼まれたら断りづらいという人も、シフト変更をしなくても済む可能性が上がります。

3.何度か断って頼みづらい感じにしておく

人間関係はちょっと悪くなるかもしれませんが、シフト変更はあらかじめ何度か断っておいて頼みづらい雰囲気を作ってみるのもいいかと思われます。

そうすれば最初からシフト変更を頼まれることはなくなりますので、断る以前に他の前ること自体もなくなりますので自身の予定を崩さずに色々なことができるようになります。

4.税金関係で断る

学生や主婦などの場合で有効なので、あまりに働きすぎていて、103万円以上稼いでしまいそうな状況があるときには、シフト変更でこれ以上働くと
税金関係で色々と面倒なことになりますので、これ以上働くペースは上げられないとする主張が考えられます。

 この方法はだいぶアルバイトでお金を稼いでいる場合にしか使えませんが、こうなると雇用主としては考慮してくれるという場面がありますので
シフト変更を取りやめてくれたり、だめだったとしても、働く時間を少なくしてくれたりするなど、かなり有効な方法です。

5.勉強をしないといけないという理由で断る

最後に学生の方なら特に有効なのが、勉強を理由に断ることです。
勉学がおろそかになるといけないので相手も考慮してくれます。

試験が特に近い時や、重要な資格試験があるときならそより断りやすいです。

無理に勉強するのを断って成績が悪くなると
入れたほうも悪いと思いますので、シフト変更しない可能性が高くなります。

このような感じで、あらかじめ断りやすい理由や状況の利用、話しかけられないようにすることなどを駆使して
シフト変更の断りをできるようにしておくと良いでしょう。