バイトで仕事が出来ない人の特徴5個

バイトで仕事が出来ない人の特徴5個

仕事ができないバイトにイライラさせられた経験のある方は意外と多いのではないでしょうか。

業務内容は同じなのに、明らかに動きが遅く効率も悪い…そんな困ったバイトには共通の特徴があることに気が付きませんか?

今回は、仕事のできないバイトに見られる特徴を5つまとめてご紹介します。

1.先輩や上司の話を聞かない

仕事のできないバイトに共通する特徴の最たるものは「人の話を最後まできちんと聞かない」ということです。

常に集中力が散漫なため、先輩や上司が大切な話をしている時でも話半分にしか聞いていません。

さらに、明らかに人の話を聞いていないとわかるバイトもいれば、

顔だけはこちらに向けて熱心に耳を傾けているように演技しているバイトもいるので注意が必要です。

上司の指示を正確に聞いていたかどうかは、バイトの仕事ぶりを見ていれば一目瞭然です。

きちんと話を聞いていないバイトは、やたらと周囲の同僚に話しかけて業務内容を確認するので仕事が遅いからです。

バイト全員がテキパキと動くような職場では、非常に悪目立ちしてしまいます。

2.私語が多い

仕事のできないバイトはやたらと私語が多いという特徴があります。

その理由は大きく分けると2つあります。

1つ目は、先輩や上司の指示を正確に聞き取っていないため、実際業務に就く時に周りのスタッフにしつこく聞きまくるからです。

2つ目の理由は、「楽しく仕事をしたい」あまり、仕事とプライベートの線引きがきちんとできていない人が多いからです。

このようなバイトは先輩や上司に対してもタメ口で話しかけてしまったり、敬語を正しく使えなかったりする傾向があります。

3.注意されると不貞腐れる

どんなに優秀なバイトであっても、仕事で失敗することもあればもっと効率の良いやり方をするよう改善を求められることもあります。

失敗を素直に認め、どうすればより良い仕事ができるか考えることができれば仕事のスキルは向上し、出世も見込めます。

しかし、仕事のできないバイトは、失敗を指摘されたり注意されたりするとすぐ不貞腐れてしまいます。

人からの注意をアドバイスと捉え、今後に活かすことができないので非常に損をしていると言っても良いでしょう。

人からの注意を素直に認めて改善できないバイトは、そのうち誰にも相手にしてもらえなくなり職場で孤立してしまいます。

状況次第では解雇されることもあるでしょう。

職場で求められる能力や資質は職種によって異なりますが、失敗を素直に認めて謝罪し、

改善していける人でなければどんな職場でも受け入れてもらえません。

4.同じミスを繰り返す

仕事のできないバイトは、周囲が驚く程同じミスを繰り返します。

なぜなら、ミスして叱られても反省しないからです。

また、なぜミスを犯したのか、今後繰り返さないためにどう対処すべきか考えることもありません。

ですから、同じ行程で同じミスを何度も犯します。

根本的に、ミスしても「大したことはない」と自分勝手に判断しているので、周囲に迷惑を掛けているとは全く思っていません。

ですから、心から謝罪したり反省したりしないのです。

しかし、これではいつまでも周囲の足を引っ張るお荷物なので、改善が見られない場合は解雇されてしまうかもしれません。

5.指示された事以外はしない

仕事が忙しい時は、上司や先輩が各バイトにいちいち指示を出していられないことがあります。

そんな時、仕事のできるバイトなら状況を判断して、指示がなくても自己判断でテキパキ動きます。

しかし、仕事のできないバイトはいかなる状況下でも、指示がなければ動かないという特徴があります。

また、指示されたことしかやりません。

みんな忙しいのだから、気を使って○○くらいすればいいのに…と周囲の同僚が注意しても、「言われてないから」と一蹴してしまいます。

つまり、仕事のできないバイト=空気が読めない・気が利かないバイトということになります。

いかがでしたか。

どんな職場でも仕事のできないバイトは存在するものです。

上記で紹介した特徴をすべて持っている場合は即時解雇されても仕方がありませんが、

ほとんどのバイトは悪い面だけでなく良い面もたくさん持っています。

欠けている部分はお互いフォローし合い、

良い部分はもっと磨きをかけていくことで更なる効率化とスキルアップにつなげることができるでしょう。

関連情報(外部サイト)