新人バイトが辞めない研修の方法。気配りと根気が必要!

新人バイトが辞めない研修の方法。気配りと根気が必要!

バイトを新しく雇っても、長続きしなければ意味がありません。

人員不足のためにサービスや対応に支障が出る事も考えられますし、求人誌に掲載する費用が経営を圧迫する可能性もあります。

では、バイトを長続きさせるには、どういった研修方法があるのでしょうか。

今回はバイトへの効果的な新人研修の方法をご紹介します。

1.新人に気を遣う

バイト募集をした場合、ありとあらゆるバイト希望者が来店、あるいは来社します。

明るくハキハキとしている方や、無口で物静かな方等、緊張が付き物の短時間の面接で、その人の性格や向き不向きまで見抜くのは到底不可能です。

それを見抜くためにも研修期間はベテランと新人の2人ワンセットで行動させます。

その時に注意したいのが、ベテランの方の教え方です。

物覚えの悪い方に対し、物覚えの良い方の教え方をしても、仕事内容が伝わらずに新人は辞めてしまいます。

わからない事は聞くように伝えたとしても、新人からは聞きにくいですし、忙しくなってくると新人が聞きにくくなってしまい、

新人が辞めてしまう要因となりますので、ベテランの方が気を遣う事が重要です。

2.言葉使いに気を付ける

初日は新人に気を使って行動できるのですが、2日目、3日目となると、ベテランの方に若干の安堵感が出てしまい、言葉使いが荒くなりがちです。

特に気をつけたいのが「ふーん」や「あっそ」と言った、普段何気なく使っている聞き流す言葉です。

休憩時間の時に冗談のつもりで使う分には結構ですが、業務中に使ってしまうと新人のモチベーションを下げてしまい、

ベテランと話す事すら億劫にさせてしまいます。

例えば、新人が小さなミスをし、状況説明をしているときにこれらの言葉を使ってしまうと、

「自分が何を言っても無駄なんだ」と勘違いさせてしまい、次の日に来ないパターンも多くあります。

新人以上にベテランが言葉使いに気を付け、注意をしていく必要があります。

3.作業方法は一貫する

作業マニュアルが無い業務でよくある事ですが、前日と翌日で異なる作業方法を指示する場合があります。

ベテランの方は、普段何気なくやっている事で、「昨日と同じだから」と作業を任せがちですが、

改めて新人が作業をしているのを見ると、違うと思ってしまう事があり、訂正する事があります。

ですが、新人は教わった通りにやっている事であり、違うと言われても混乱するばかりです。

こういった事があると、新しい作業に対して警戒感が現れてしまい、作業をやりたがらなくなってしまい、辞めてしまいます。

全てマニュアル化することは、効率性を求めて作業方法を変える度位に作り直す必要があるので、現実的ではありません。

こういった事例が無いよう、作業方法は一貫して一つの方法をするように心がけてください。

4.あきらめずに根気よく教育する

物覚えが悪いからと言ってあきらめてしまい、すぐに別のバイト新人を探すような行為はしてはいけません。

バイト初日は誰でも緊張してしまうだけではなく、覚える事も多いので、思うように頭に入ってきません。

元々物覚えが悪い方に、緊張が重なってしまうと、流されるように1日が終わってしまいがちです。

物覚えが悪くても、本人のやる気さえあれば、あきらめずに根気よく教育していく事で、優秀な戦力になる可能性もあります。

あきらめずに教育していくうちに、苦手作業と得意作業がはっきりしてきますし、忙しい時間帯には、

得意作業を任せる等の工夫が出来ますので、根気強く教育していきましょう。

いかがでしたか。

新人は新しい環境に戸惑っていると言う事を忘れないでください。

ベテランや周囲の人間が気遣う事を忘れなければ、優秀な人材にもなりうる可能性を秘めています。

切り捨てる事は簡単ですが、育てる事は難しく、根気が必要だと言う事と、ベテランが新人時代にどうだったかを思い出しながら指導する事で、

新人との良い関係が築いていける事でしょう。

関連情報(外部サイト)