バイトの試用期間中にクビになる原因5個

バイトの試用期間中にクビになる原因5個

バイトの求人でよく試用期間が設けられているものがありますよね。

せっかく採用されても、この試用期間中にクビになってしまうケースがあります。

どのような原因でクビになってしまうのか、その理由5つをご紹介します。

1.欠勤や遅刻

無断欠勤や無断遅刻は論外ですが、例えきちんと連絡を入れても欠勤や遅刻、早退が重なればクビになる原因になります。

欠勤や遅刻、早退などをすれば他のメンバーがその穴埋めをしなければなりません。

少人数の職場やサービス業などの場合、1人の欠勤が周囲の大きな負担になる事もあります。

その為病欠などの致し方ない理由であるにせよ、あまりに勤怠状況が悪いと自己管理能力がないと見なされてしまう事があります。

きちんと出勤するという事は信頼を得る為に最低限必要な事ですので、十分に注意しましょう。

2.人間関係のトラブル

バイトをする上では協調性というのもとても重視されます。

特にチームで仕事をするような場合、協調性のないメンバーがいると業務に支障をきたす場合もあります。

例えば上司や先輩の言う事を無視したり、同僚に高圧的な態度や攻撃的な言動をする、

注意されると感情的になるというような事があるとチームワークに支障がでてしまうのでクビになってしまう可能性があります。

またサービス業の場合顧客とのトラブルにも注意が必要です。

頻繁にトラブルを起こしたりクレームが入るような事があるとやはりクビの原因になる可能性があります。

3.経歴などの詐称

履歴書に書いた内容や面接時の申告に虚偽があった場合にもクビになる可能性があります。

特に業務上必要な経歴や資格を持っていないにも関わらず保有しているという虚偽を行うなど、

重要な内容を詐称した場合はクビになる可能性が高いでしょう。

他にも面接時に本当は出来ない事を出来ると言ってしまったり、シフトの日数を大幅に水増しして言ってしまった場合、

実際に勤務に入って虚偽だとわかった場合はクビになってしまう可能性があります。

もしクビにならなくても信頼関係を損なう事は間違いありませんので、正直に申告しましょう。

4.勤務態度

明らかに手抜き作業をしていたり、業務中に勝手に休憩を取ったり外出してしまう、居眠りをする、

業務と関係のない事をするなど、著しく勤務態度が悪い場合もクビの原因になる事があります。

チームワークが必要な仕事の場合は1人がサボれば他の人がその分フォローしなければなりませんし、

そうでなくとも職場全体の士気が下がったり、人間関係のトラブルに発展する可能性もあります。

自分に任された仕事をこなせば後は何をやってもいいという職場もまれにありますが、

基本的には誠実に仕事に取り組む姿勢を見せる事が円滑に仕事を続ける為には重要です。

5.極端な能力不足

極端に能力が不足している場合もクビになってしまう原因になります。

特に英語対応が出来るなど、なんらかのスキルが必須の条件のバイトの場合、

必要な能力がないと見なされるとクビになってしまう可能性があります。

またそういったスキルが必要なバイトではなくても、著しくミスが多かったりクレームが多かったりして

注意をしても全く改善されない場合や、勤怠状況が悪い事や勤務態度の悪さなどの理由とあわせてクビの理由になる事もあります。

いかがでしたか。

試用期間とはいえ雇い主もいきなりクビという事は法律上なかなか出来ません。

最初から高度なスキルが要求されるようなバイトでない限り、一番大事なのは誠実に仕事をしているかどうかです。

しかしながら自分なりに頑張ったというだけでは認めれないのも事実です。

客観的な視点と謙虚な姿勢をもって仕事に臨みましょう。