バイトで溜まったストレスを発散する3つの方法

バイトで溜まったストレスを発散する3つの方法

バイト先でストレスが溜まった時、貴方はどうしていますか。

アルバイトは社員よりも仕事の負担が少なく、ストレスも少ないと軽視されがちです。

しかし、働いていく中では少なからずストレスが溜まることは必ずあるでしょう。

そんなバイトで溜まったストレスを上手く発散する方法をご紹介します。

1.不満を溜め込まない

まず、これが一番重要なことです。

働く中での価値観というのは人それぞれですから、自分が不満や疑問に思ったことでも

周りの人間はそのことに対して特に気にしていないこともよくあります。

ましてやアルバイトですし、職種にもよるかもしれませんが役職で同僚との差が大きく変わるわけでもありません。

感じ方は人それぞれですが、せっかくの合格して受かったんですから可能な限り長く働きたいですよね?

自分の働きやすい環境にしていきたいというのが本音です。

少し疑問に思ったことがあれば、同僚にそれとなく相談してみるとか、問題が起きていてバイトだけでは解決できなさそうな問題ならば

社員にそれとなく相談してみるとかとにかく何かアクションを起こしてみることです。

2.同僚で相談できる相手を作る

前述での話と共通してきていますが、不満を共有できる相手って仕事をしていくうえでとても重要な存在です。

不満や納得いかないことがあったときは同じ年代の同僚と仕事のあとにご飯を食べに行ったり、

休憩のときにタバコを吸いながらだったりその際に世間話から仕事に関する不満、愚痴などを聞いたり聞いてもらったりすることで、

同僚とコミュニケーションを深めていきましょう。

お互いの気持ちを共有し、相手の話を聞くことにより初めて気づくことも意外とあったりします。

なんてことない会話から解決策が生まれることってどの場面でもたまにありますよね。

しかも正社員と違い、アルバイトは同じような境遇(例えば学生だったり、フリーターだったり)の人が多いので必然的に歳が近い人が多いのが強みです。

共通の話題も多いですし、そういったところでコミュニケーションを取ることにより少しでも

「自分の気持ちをわかってくれる人がいる」と思えるだけでそういう存在があるのとないのとでは精神的なところで大きく差が出てきます。

3.休みの日はアルバイトのことは忘れてリフレッシュ

基本的に休みの日は仕事のことは考えないことです。

オンオフの切り替えが大事です。

例えばアルバイト先で面倒なクレームを受けてしまい、お客さんに理不尽に怒られた、とかミスをして店長や上の人にとっても叱られた・・・

など働いていく中で楽しいことより「嫌だ」と感じることが多いのは当たり前です。

特に接客業でのアルバイトでストレスが溜まる理由はそのようなお客さんとのトラブルだったりすることが多いでしょう。

お客さんは所詮「他人」ですから。

そこは「仕事なんだから仕方ない。ミスについては今後気を付けていこう」と思うことが非常に大切です。

一度の失敗やミスでいちいちへこんで休みの日までその気持ちを持ち込んでしまうと、せっかくの休みが有意義に過ごせないことだってあります。

沈んだ気持ちで休みを過ごすことほど無駄な時間はないです。

そんなときは、思い切って家事もお休みして友達と会ってショッピングでもいいですし、

カラオケに行ってみてもいいですし、成人であればお酒を飲みに行ったり・・・自分の好きなことを思う存分やることによって

次の日「よし。頑張ろう」と思うことができるでしょう。

いつまでも引きずっていると自分にとっても良くないですし、翌日一緒に働く同僚にとってもよくないです。

人間というのは正直な生き物なので必ずといっていいほどそれが態度に表れてしまってもっとひどいミスをしてしまったりします。

アルバイトでは「働く」ということが一番重要なことだと思いますが、それと同じくらい周りの人間とのコミュニケーションも大切です。

まずは悩みや不満を共有できる人を作ったり、自分ひとりで抱え込まない環境をつくることが大切です。

関連情報(外部サイト)