バイト先で頼られる人の特徴3個

バイト先で頼られる人の特徴3個

バイト先で頼られるか否かは、基本的で当然と言えば当然ですが、その人の人柄で決まります。

では、具体的にどのような人柄を持つ人間が頼られるのでしょうか。

1.知識が豊富である

バイトをする人間は、店によってはかなり頻繁に入れ替わります。

そして、店によっては高校生などの社会経験のない学生が多いです。

そのため、店の仕事内容だけでなく人間関係における常識や一般的な知識が大学新卒採用が中心である正社員より分からない新人が多くなります。

故に、まずは人間的にどれだけの知識を持っているかでその人が頼られるか否かが左右されます。

知識豊富で話す内容が多岐にわたる人は、よく頼られる傾向にあります。

特に社会経験のない学生にとっては未経験のことが多い分、自分の知らない世界を教えてくれるだけで尊敬に値するからです。

逆に、聞かれたことにあまり答えられない人は人間的にあまり尊敬されず頼られにくくなってしまいます。

2.自分の考えに信念を持っている

1で挙げたように知識はとても重要ですが、知識だけでなく自分自身の考えも

しっかりと持っていないとなかなか頼られる存在にはなれません。

相談された時はもちろん、単純に世間話をしている時でも自分の考えを主張せずにいると

何を考えているのかが分からないため、頼りたいと積極的に思われません。

また、他人の意見に流されやすく同調ばかりをしていれば、

どうせこの人は自分の意見がないのだからと頼ろうとは思われなくなってしまいます。

ですから、自分が違うと思ったことは遠慮せずにはっきりと違うと口に出来る人が頼られる人の特徴であると言えます。

それをはっきりと発言できることで、この人ならちゃんと自分の意見を言ってくれる、自分の意見を精査してくれると思われます。

またその際に自信を持って発言できることが大事です。

そうでないと頼ってきた相手も不安になるし、自信を持って発言をすることで、頼ってきた相手も自然と自信を持つことが出来ます。

こうして、また次もこの人を頼ろうと思われ頼られる存在となっていくのです。

3.柔軟性を持ち合わせている

2で触れたように、自分の意見に自信を持つことは大事で前提ではあるのですが、

自信と同時に他人の意見に耳を傾ける柔軟性も必要とされます。

ただ自分の意見をひたすら主張しているだけではそれはただの頑固者です。

頼ってくる人は、相手に意見を求めてはいるのですが同時に自分の話を聞いて欲しい、理解して欲しいという思いもあります。

ですから頼ってくる相手の話をちゃんと聞いてそれを1度自分の中で飲み込み受け止めた上で自分はこう思う、

というように自分の意見を述べなければ相手から信頼されなくなってしまいます。

何故ならそうしないとただ自分の意見を押し付けるだけになってしまうからです。

それをいくら頼ってきた相手のためを思ってのことだと言ったところで、頼ってきた相手からはそうはなかなか受け取ってもらえないことが多いからです。

あえて言葉を選ばずに言うなら、自己満足と思われてしまいがちです。

ですから、頼られた時は自信と信念を持つだけでなくこのようなプロセスを踏むことが大事です。

いかがでしたか。

全体を総じて言えることは、これまたありきたりではありますが、

他人に対してどれだけ思いやりを持って接することが出来るかで頼られるか否かは決まります。

見返りなど自分の利益などを先に考えていては相手にそれは必ず伝わるので頼りにされなくなります。

頼ってきた相手のことを自分なりに精一杯考えれば、例え不器用でも必ず相手に伝わります。

それさえ伝われば自然と頼りにされていくのです。

頼りにされるか否かの別れ道はそこで、それが頼りにされる人の特徴です。

関連情報(外部サイト)