バイト先の店長に好かれる4つの方法!一生懸命な姿勢が大事!

バイト先の店長に好かれる4つの方法!一生懸命な姿勢が大事!

バイト先の店長と仲良くなったり好かれたりという関係になる為には、自身の行動や振る舞いが大切なポイントとなります。

好かれる為にはどういった方法があるのか知っておきましょう。

1.笑顔を絶やさず明るい印象を与える

業種が何であれ、人から好かれる為に必要な要素は、笑顔そして明るさです。

暗い人には近寄りがたく、何を考えているのか分からないことから、なかなか上手く接すことが出来なくなります。

店長も、店長である前に人間。

人として好かれるポイントを抑えておくと、店長に限らず周りの従業員や同僚などとも仲良くなれることでしょう。

挨拶する時には目を見て笑顔で挨拶をしたり、会話の時には笑顔をキープしながら聞く姿勢をとるなど、

明るい印象を与える行動を心掛けるべきでしょう。

2.臨機応変に対応することが出来る

バイトだからといって、見下したり適当に扱うという店長はほとんどいません。

むしろ、一人の大切な従業員として、周りのスタッフ等と同等の目で見ていることが多いでしょう。

誰かが急に欠勤になった時や、スケジュールの都合で人手が欲しくなった時等、

急な対応を迫られた時に対応してくれるバイトには、好印象を持つものです。

急なトラブル、急な対応を求められると、困ってしまうのは一番に店長でしょう。

それをカバーしてくれるバイトの存在があると、頼もしい気持ちと、助けてくれている感覚が同時に起こるものです。

バイトだからと手を抜かずに、仕事としてきちんと対応してくれるバイトには、好感を持たれる確率も高くなることでしょう。

3.一生懸命にこなしてくれる人

バイトの際、ミスをしたりトラブルを起こしてしまったり、頑張っていたとしても何かしら問題を起こしてしまうものです。

しかし、店長にとってはそういったミスを問題視しているのではなく、普段の頑張りに注目していることが多いのです。

ミスをしない、問題を起こさないといっても、与えられた仕事も中途半端であったり無表情であったり、やる気が感じられない人。

逆にミスをしたとしても、常に一生懸命で頑張ってくれている姿を見ている人。

やはり店長として好きになるタイプは、一生懸命努力して仕事をこなしてくれている人でしょう。

ミスや問題が起きないのは、それなりに仕事に手を抜いていたりさぼっている為かもしれません。

ミスをするのは、人が嫌がる仕事だったりやったことがないことにも率先してこなそうとしているからかもしれません。

店長という立場の人は、きちんと努力を認めてくれる存在。

頑張っている姿、一生懸命な姿を常に見られる人には、好印象でしかないのです。

4.店長が何を考えているか把握する

店長に好かれるには、店長が何を考えているのかを把握することも必要です。

少し難易度が高いと感じるかもしれませんが、プライベートなことではなく仕事に関しての把握だけで十分です。

次に何をしてほしいと要求されるか、何をしておくべきなのか。

こうした次の工程をよんで、自分から行動していくという気遣いが大切です。

店長という立場上、「こうして欲しい」「次はあれやっておいて」という指示が多くなります。

しかし店長自身も違う仕事をしている場合、いちいち指示を出している状況では、なかなか自分の仕事もはかどらないでしょう。

こうした中、多少仕事になれているのであれば、自分から次に何をしたらよいのか考えたり、

店長が求めるであろうことを済ませておくということは、とても気が利く行動です。

こうした行動が多くなると、店長も助かることも多くなり、また印象も良くなるに違いありません。

指示を待つだけではなく、店長が何を考えているのかを把握することで、自分も好かれるポイントとなります

いかがでしたか。

バイトといっても、仕事をする上では大切な人手です。

バイトだからと手を抜いたり、無表情で接していては、店長に好かれることはないのです。

もしも店長に好かれたい、仲良くなりたいと思うのであれば、少なくともこのような方法を身につけておくと良いでしょう。

店長と関係が良好であったり、好かれるバイトであることで、自身も仕事をやりやすい環境になります。