バイトで当日欠勤する方法3つ。上司や同僚にきちんと伝えよう

バイトで当日欠勤する方法3つ。上司や同僚にきちんと伝えよう

バイト先によって、バイトにはいりたい日、つまりはシフトを提出する日が、1週間ごとだったり、半月ごと、時には1ヶ月ごとだったりと、様々なケースがあると思います。

まだ1週間後の予定だったら組みやすいですが、1ヶ月後ともなると、学生さんだったら、突然テストが入ってしまい、そのテスト勉強をしなければいけないのにバイトが入っていたなんてこと、ありますよね。

それ以外にも、どうしても、バイトが入っていた日の当日にバイトを欠勤しなければいけないということはあると思います。

そんな時に便利な、バイトで当日欠勤をする方法について紹介したいと思います。

寝る男性

1.まずはやはり、店長などの社員さんに欠勤を電話で報告する

これは、何よりもまずやらなければいけないことです。当日のバイトの欠勤をまさか無断でやろうという人は、かなりの度胸の持ち主ですし、それよりも、非常識な人とみなされることは間違いありません。

ですから、当日欠勤しなければいけないと分かった時点ですぐに、店長や他の社員さん、もしくは自分の上司にあたるという方に「申し訳ありません。どうしても今日、都合がつかなくなってしまって、バイトを欠勤させていただきたいのですが、よろしいでしょうか」と尋ねましょう。

できるだけ早めに言うことで、上司も、代わりのバイトの子を探す時間ができるので、できるだけ早くに連絡するということが大切になってきます。

2.代わりのバイトの子を見つけた上で、上司の方に電話で報告する

アルバイトをしていると、他のアルバイトの人達と仲良くなるのは当然ですし、そうすべきです。そうなった時には、携帯などの連絡先の交換をしているはずですから、連絡先を知っている子にまずは連絡して「今日○時から○時までバイトが入っているんだけど、もしシフトが入ってなくて、時間に余裕があったらやってくれない?」と聞きます。

それによって、誰かしらがつかまれば、その人にお願いし、バイト先にいる上司に「すみません、今日私はどうしてもバイトにいけ無くなってしまいましたが、代わりに○○さんにお願いしたので、宜しくお願いします」ということを伝えましょう。

このケースは1番、上司の方が助かります。

3.最悪メールでの報告をしましょう

どうしても電話ができる状況でなければ、店長なり上司なりの携帯や会社のメールに連絡をしましょう。

もし、それを知らなければ、同じアルバイトの子に連絡して、伝えてもらいましょう。ただし、これは非常識になりますから、「くれぐれも、人伝いに連絡したことを申し訳なく思っています」ということを、代わりの人に伝えてもらい、後日、バイトに行った時に、面と向かって謝るようにしましょう。

きちんと当日欠勤の旨を伝えよう

当日のバイトの欠勤というのは、アルバイト先でもよく見かける光景ですよね。
それを伝えるのももちろん心苦しい事ではありますが、きちんと当日欠勤の旨は上の人に伝えるようにする事が常識です。

関連情報(外部サイト)