バイトの疲れがとれない時に疲れを癒やす方法5つ

バイトの疲れがとれない時に疲れを癒やす方法5つ

アルバイトをしていると、どうしても疲れが取れないタイミングがありませんか?

仕事に慣れるまでの精神的な疲れや、慣れてきて勤務時間がだんだんと増えてくる時期など、どうしても疲れてしまうタイミングはあると思います。そんな時に上手く疲れを取る方法をいくつかご紹介します。

眠る猫

1.休みの日は携帯電話やスマホの電源を切ってみる

精神的にも肉体的にも休むために、一度携帯やスマホの電源を切って休日を過ごしてみましょう。仕事場からの連絡はもちろん、SNSやソーシャルゲームといった精神的に疲れてしまう可能性があるものもシャットアウトするのです。

やることなくて暇になるようなら、外に出るなり本を読むなり漫画を読むなりしてみましょう。そうすることで、無駄に疲れてしまうことなく休日を過ごすことが出来ます。

2.ちょっとした贅沢をしてみる

「自分へのご褒美」という言葉が流行った時期がありますが、まさにそれです。アルバイトをして疲れていると、時々「何でこんな疲れてるんだ」と思うことがあります。そんな時にいつもと違うものを買ってみることで、自分がしているアルバイトを「今日も良く頑張った」と認めることが出来ます。

自分の頑張りを認めることで疲れを軽減することができ、明日への活力を生み出すことが出来ます。

3.長風呂をしてみる

家やアパートの風呂はとても狭くて長風呂できる環境ではないという方は、銭湯や温泉に行ってみましょう。

すぐにあがらず、風呂やサウナなど30分以上楽しみましょう。体も2~3回洗ってみます。そうすることで疲れがぐっと取れ、また気持ち的にものんびり出来るので一気にアルバイトの疲れを取ることが出来ます。

4.インターネットカフェを満喫してみる

近所にネットカフェがある時は、そこへ行ってみましょう。

アルバイトは働く時間が割と短めになっていると思うので、それなりに時間をとることが出来ると思います。

そこでインターネットカフェを6時間~8時間など楽しんでみましょう。漫画やインターネットを楽しみながら、飲み放題のドリンクやスープを楽しむことで、アルバイトの疲れを軽減することが出来ます。

5.海や山など自然の中でのんびりする

アルバイトをしている時は、あまりお金をかけて趣味やイベントを楽しむことが出来ないタイミングがあります。

そんな時は、自然の中でのんびりしてみましょう。お米だけ炊いておにぎりを作って、山や海、もしくは近所の公園でもいいでしょう。のんびりしてみましょう。自然というのはお金のかからない観光スポットです。日常とは違う環境に行くことで、ストレスをリセットしましょう。

お金をかけずにいつもと違う環境を作って疲れをとろう

ポイントは「あまりお金をかけず、いつもと違う環境を作り出すこと」です。アルバイトをしていると、どうしても自分の世界が狭くなってしまいます。その中で効率よく疲れを取るためにも、いつもと違う世界を楽しんでみましょう。そうすることでアルバイトをしていてどうしても抜けない疲れやストレスが、スッと抜ける体験をすることが出来るでしょう。

関連情報(外部サイト)