バイトが辛い時に、気持ちを和らげる方法。休むなどして気持ちを落ち着かせよう

バイトが辛い時に、気持ちを和らげる方法。休むなどして気持ちを落ち着かせよう

バイトをする理由はたくさんあっても、やっていて楽しいバイトに出会えることはそうそうありません。

バイトが辛いと感じる人もたくさんいらっしゃることでしょう。

きっとたくさんの人が我慢してバイトをしていることと思いますが、我慢ばかりしていてはいつか体を壊してしまいます。

ですから、そんな辛さを少しだけ和らげる5か条をご紹介します。

辛い顔をしている男性

1.バイトを1回休んでみる

バイトが辛いな、と感じたら、1回そこから離れてリフレッシュしてみましょう。

理由はなんでも大丈夫です。
例えば風邪や親族の都合などでも構いません。

とにかく1回バイトから解放されましょう。

そうしないと、バイトを続けるのも困難になり、結果的には職場にかける迷惑も大きくなってしまいます。

そして、休暇にはとにかく自分のやりたいことをやりましょう。

映画鑑賞したり、遊園地に遊びに行ったり、読書したり。

そうして1日を満喫すれば、きっと明日からのバイトのモチベーションになるでしょう。

2.職場の仲間と飲み会をする

そうそうたくさんシフトに穴をあけられないのも事実です。

そんなときは、同じ辛いバイトに立ち向かう仲間と、飲み会でもしましょう。

お酒でも飲まないと、どうしても人は悪口を言いづらいものです。

辛いバイトをがんばって我慢しようとしている人ならなおさら人の悪口なんて言わないでしょう。

しかし、ストレス発散をするうえで、悪口を言うことは大きな役割を果たします。

ですから、一度仲間とどんちゃん騒ぎをしながら、盛大に愚痴をこぼしましょう。

同じ職場で働く仲間なら、同じ鬱憤を抱えている人も多いので、飲み会は大いに盛り上がります。

それに、いい飲み屋を知っていれば、仲間からの印象もよくなるかもしれません。

明日からの職場が、もう少し楽しくなってくることでしょう。

3.ダメ出しに心の中でダメ出しをする

それでも、飲み会やるにもお金がかかるし、そもそもバイトが辛い原因が職場の仲間にあるときもあります。

そんな対人関係で辛いと感じるときも、愚痴が有効です。

でも実際に口に出してしまっては問題になりかねないので、心の中で言いましょう。

対人関係で特に辛いのはダメ出しです。

自分でも分かっていることを延々とダメ出される苦行は、筆舌に尽くしがたいです。

辛いダメ出しには、心の中でダメ出しをしてやりましょう。

事実、長々と続くダメ出しは非効率的です。

多くのバイトではやるべきことがマニュアル化されてますから、注意喚起してマニュアルを再確認するよう言えばそれで事足りるはずです。

そこをねちねち言うのは、バイトの人のモチベーションを下げてしまうのはもちろんのこと、マニュアルの存在価値を下げてしまいます。

いやなダメ出しが続くときは、心の中でこんな感じにダメ出ししてやりましょう。

4.1回上司に相談する

それと、意外に思えるかもしれないやり方ですが、1回上司に相談するのも有効です。

バイトは意外に人手不足であることが多いです。

ですから、簡単にバイトをやめられてしまっては困るわけです。

ましてや、今までバイトを続けてきてくれた人に辛いからといってやめられてしまうのは、とても大きな損失です。

こういう状況では、バイトが本当に辛くてやめようかと思っています、と上司に相談でもしようものなら、上司は大慌てです。

もしかすると、1回くらいご飯をおごってくれるかもしれませんし、今後のシフトを融通してくれるかもしれません。

少なくとも引き留めはしてくれるはずで、そういう言葉を聞けるだけでも救われる部分はあると思います。

最終手段ではありますが、検討してみてはいかがでしょう。

5.バイトを続ける意味を見つめなおす

それでもバイトを辞めたいとき、というのは必ずあります。

そのときは、バイトを辞めることを真剣に考えるべきです。

どうしてバイトを続けなければいけないのか、バイトで達成したい目標は何か、それは今の辛さと見合う報酬か?
それが分かっていないと、バイトを続けるということが辛くなってきてしまいます。

逆に、それを分かっているということが、自分のバイトを続けるモチベーションになってくれるはずです。

場合によっては、バイトを辞めるラインを作っておいてもいいかもしれません。

例えば、シフトこれ以上勝手に入れられてしまったら、といったラインです。

そういったものがあった方が、「このラインを割ったらいつでも辞めてやるぞ」という気分になり、気が楽になるでしょう。

特別に我慢をする必要はない

バイトだからといって特別な我慢を強いられるのは理不尽なことです。

ですから、発散するときは発散しましょう。

辛いときは辛いと言いましょう。

それは許されないことではありません。

バイトを無理せず続けて、よりよい生活を送っていきましょう。

関連情報(外部サイト)