バイトになかなか受からない時に考えられる7つの理由

バイトになかなか受からない時に考えられる7つの理由

あなたがバイトに受からない理由は、以下に紹介している7つのいずれかによるものかもしれません。

しっかり事前調査をし、準備した上で、履歴書作成や面接に臨みましょう。

1.求人情報を見ずに応募した

ご自身が働きたいと思っているお店が出している求人情報の空き状況とご自身がバイトをしたい予定日が

必ずしも同じとは限りません。

言い変えれば、お店側が欲している時間帯とご自身が希望している時間帯が同じ、

もしくは許容範囲内でなければ、採用することができません。

求人情報を見ても分かりづらい場合は、実際に働いている人からお店の現状について、

ヒアリングしてみるのも良いかもしれません。

2.短期間を希望した

人材を採用するお店側も長期で働いてくれる人を望んでいます。

「今月中にお金を稼ぎたいんです」や「3ヵ月後のイベントに向けて…」といった方々は、

短期間で集中して働いて、辞めてしまう可能性がある為、お店側としては採用し辛いのかもしれません。

出来る限り、長期間続ける意志をハッキリ伝えましょう。

3.働く場所のイメージに合ってない

例えば飲食店やコンビニのレジ打ちといったアルバイトだと、どうしてもお客様と接する機会が多い為、

採用側もなるべく元気な人を採りたいと考えます。

一方、高級レストランやバーといったところでは、静かで気品のある人を採りたいと考えているかもしれません。

実際に働いている人と比較されてしまう場合もあるので、出来る限りそのお店や働く人の雰囲気をつかんでおきましょう。

4.質問に適当に答えた

面接の質問に適当に答えたり、配慮のない仕草や行動をとったという心当たりはありませんか?

面接前の待合室での仕草、面接中の返事と答え方、面接後の扉の閉め方等といったことも見られていると思って下さい。

面接官はあなたの所作や考え方を考慮した上で採用か不採用を判断するので、

面接会場の待合室から既に面接が始まっていると思って臨みましょう。

5.身だしなみを整えていかなかった

「面接は、第一印象で決まる」という言葉をどこかで聞いたことがあると思います。

面接する側の方も「人」ですので、あなたが話す言葉や雰囲気によって、採るべきかそうでないかを判断します。

身だしなみもその一つであり、寝癖や服装が乱れていると、「そのままお客様の前に出てしまうのではないか」と

危惧する為、採用すべきでないと考えてしまいます。

最低限の身だしなみは整えておきましょう。

6.1社のみしか受けてない

バイトの面接を1社のみしか受けてない場合は、緊張や慣れないことの連続であるため、

表情に不安や緊張感が出てしまいます。

1社のみでなく、出来る限り多くのバイトの採用面接を受けておきましょう。

そうすることで、心にゆとりができ、「万が一今回がダメでも、次に生かせば良い」と前向きになることができます。

7.体調管理が万全でなかった

面接官としても、体調管理ができない人は急に休んでしまう可能性があるため、なかなか採用に踏み出すことができません。

また、マスクをしていくというのも表情や元気が無さそうといった印象を与えてしまうのでよくないです。

面接前日はしっかり体調を整えておき、最高のパフォーマンスで面接に臨めるようにしましょう。

バイトになかなか受からないのには理由がある

いかがでしたでしょうか?紹介した7つの理由に共通しているのは、事前調査の不備です。

面接してくれる人も、「人」ですので、あなたが話す言葉や雰囲気によって、採りたいか採りたくないかを判断します。

しっかりと求人情報や希望する勤務先で働く人々にヒアリングし、自分自身ならどういった面で貢献できるかを考えた上で、

書類作成や面接に臨むと良いでしょう。

関連情報(外部サイト)