バイトが長続きせずにすぐ辞める人の4つの特徴

バイトが長続きせずにすぐ辞める人の4つの特徴

バイトをすぐに辞める人はとても困りますよね。

でも、どこにでもいるものです。

実はバイトをすぐに辞める人には共通した特徴があります。

今回はそんなバイトをすぐ辞めてしまう人の特徴をご紹介します。

1.敬語を使わない人

バイトをすぐ辞める人の特徴の一つが敬語が使わない人です。

まだ社会経験が浅く、敬語が上手に使いこなせない人もいますが、頑張って、仕事仲間やお客さんを敬おうとしているのなら、問題はありません。

間違った言葉遣いをしているのなら、その都度指導してあげましょう。

問題なのは、ある程度敬語は使えるはずなのに、使わない人です。

お客さんに対しては敬語を使っていても、バイト仲間や先輩に向かって始めからタメグチだったりする場合は要注意です。

仕事仲間を敬っていない証拠です。

仕事仲間を尊敬していないので、仕事上の注意なども素直に聞いたりせずに、ちょっと注意されると逆切れしてバイトを辞めてしまうことが多いのです。

2.仕事を教えて貰っている時にメモを取らない人

バイトを始めたら誰でも早く仕事を覚えようとするものです。

しかし、よっぽど要領がいい人以外は一回で聞いただけで全てを覚えるのは無理なものです。

そのため、後で見直したり確認したりするように、普通の人は教えてもらうときにメモを取ります。

しかし、バイトをすぐに辞めてしまう人は教えてもらう時にメモを取りません。

仕事を覚えようという気が薄かったり、分からなくなったらまた聞けばいいやと思っているからです。

仕事に対する意識が薄いのです。

また、何度も間違えたり、忙しいバイト仲間を捕まえて質問するので、うとまれ、居づらくなって辞めてしまうことになります。

3.遅刻が多い人

始業時間よりも物凄く早く来る必要はありませんが、それでも、バイト開始時間には服を着替えたり、

荷物をしまったりするなどして、すぐに仕事に取り掛かれるようにしておくのが常識です。

しかし、バイトをすぐ辞めてしまう人は遅刻が多いです。

バイト開始時間になってから来たり、遅刻自体はしなくても、バイト開始時間ギリギリに滑り込むように出勤し、

バイト開始時間になってももたもたと服を着替えたり、荷物の整理をしたりしています。

電車が遅れた、直前でトイレに行きたくなったなど、様々な言い訳をしますが、根本的に家を出る時間が遅いのです。

やる気が無く、仕事に対する責任感がとても薄い証拠です。

段々遅刻は酷くなり、そして、そのうち欠勤してバイトを辞めていくパターンが多いです。

4.恋愛体質の人

仕事先で恋に落ちることは珍しいことではありません。

しかし、たいていは物凄く気を使うものです。

仕事仲間にカップルがいるとみんなやりづらいものです。

なので仕事中は極力隠すことになります。

しかし、恋愛体質の人は違います。

酷いと、恋人を作る為にバイトをしたりします。

相手は仕事仲間だったり、お客だったり、様々です。

しかし、あからさまな異性へのアプローチは周囲の反感を買います。

なので、居心地が悪くなってすぐにバイトを辞めたり、あるいは恋愛に発展しても、うまくいかずに別れて結局居づらくなって

バイトを辞めるパターンになりがちです。

バイトを初めてそうそうに仕事の研修を受けるのも早々に仕事仲間の異性に馴れ馴れしく話しかけている人は要注意です。

職場全体の雰囲気が悪くなることがあります。

いかがでしたか?

バイトをすぐ辞める人に共通しているのは仕事に対する責任感がとても薄いことです。

それが言葉使いや勤務態度に現れてくるのです。

中には恋人作りなど、仕事をする気が全くない人もいます。

そういう人達はちょっと厳しく注意するととたんにやる気をなくし、後のことなど考えずに辞めてしまいます。

これらの特徴は働き始めてすぐに顕著に表れます。

こんな特徴を持つ人がいたら要注意です。