バイトを辞める時に贈る喜ばれるお菓子!最適な選び方!

バイトを辞める時に贈る喜ばれるお菓子!最適な選び方!

就職や引っ越し等の様々な理由でバイトを辞める際、最終出勤日に贈り物を持って出勤すると、大変喜ばれます。

メモや一言添えて社内に置いておくだけで大丈夫ですが、

そんな時に喜ばれる贈り物ってどういったものなのでしょうか。

今回はバイトを辞める時に喜ばれる最適なお菓子と選び方をご紹介します。

1.一口サイズの生菓子

大変お世話になったからと言って、ケーキや生菓子を送ることは避けた方が良いです。

ケーキや生菓子は、冷蔵保存を必要とするものが多く、保管場所を必要とされます。

場合によってはお皿やフォークが必要になるケースもあり、気軽に食べられるとは言いにくい物です。

忙しくてその場で食べられなかったり、その日が休みだったバイトや社員の方には、

渡すことが不可能となる可能性が高く、捨てられてしまう可能性も否定できません。

どうしても生菓子を渡したい場合は、一口サイズ、または小さめのシュークリーム等、気軽に口に放り込めるサイズの物を選びましょう。

小さめのサイズの物を選ぶ事で、気軽さが増し、食べられないと言う事態を最小限に抑える事が出来ます。

2.個別梱包されているお菓子

大袋や箱にたくさんのお菓子がそのまま入っている物は、その場で食べなければならない事が多いです。

焼き菓子の場合は封をしておけますが、湿気てしまい、せっかくの贈り物が台無しになってしまう場合もあります。

大袋や箱に入っていても、個別梱包されている物は、持ち帰りが可能となりますし、その場で食べきれるかどうかの判断も、

個人に任せる事が出来るので、贈り物に最適と言って良いでしょう。

万が一、アレルギー等で本人が食べられなかったとしても、持ち帰って家族や友人にあげる事が出来ますし、

休みの都合で受け取れなかったと言う事態も回避することが可能です。

3.予算と人数を把握する

「感謝の気持ちを形にしたい」と思う事は、大変素晴らしい事です。

ですが、これからの生活や金銭面の事を考え、予算を考える事も大切です。

一般的に、退社時の贈り物の予算としてあげられるのが、一人につき100円前後です。

そして、次にあげられるのが人数の把握です。

従業員数30人の会社や店舗なのに、25個入りのお菓子を送ると、せっかくの贈り物が全員に渡せません。

例えば、従業員30人の店舗や会社であれば、予算3000円前後で30個以上のお菓子が入った贈り物が適正と言えます。

大きな会社でバイトをしていた場合、全員に渡すことは予算的に不可能です。

そういった場合、他部署のあまり接点のなかった方々には挨拶程度に抑えておき、個人的にお世話になった方だけに、贈り物をするようにしましょう。

4.特にお世話になった方へ

特にお世話になったバイトの先輩や、社員の方へ、大袋や箱に入ったお菓子だけではなく、個別に渡したいと言う場合もあるかと思います。

大変お世話になった方へは、お菓子やお茶と普段使えるものがセットになった小さな物をプレゼントするのが良いでしょう。

予算の都合上、セットの物を避けたい場合は、小さな箱に入ったお菓子やお茶だけの物でも大丈夫です。

大きなものだと目立ってしまい、他の先輩方や社員から白い目で見られる可能性があります。

そういった事態を回避すべく、例えば小さな箱に入ったお菓子とタオルのセットや、

お茶とカップのセット等、なるべく小さな物を選ぶようにすれば、カバンの中にしまっておけるので安心できます。

もちろん、渡す時も周囲にばれないよう、配慮する事が大切です。

いかがでしたか。

貰っても保管方法が難しく、その場ですぐに食べなければならないような物は、逆に迷惑になる事もあり、避けなければなりません。

自分が働いていたバイト先なので、内部の事や、どういったものが好まれるか、食べやすいか等は、少し思い出せばわかると思います。

これらを踏まえた上で、一緒に働いてきた従業員のみなさんに喜ばれる贈り物をすると良いでしょう。

関連情報(外部サイト)