バイトを辞めたいと思ってる人へ辞める理由おすすめ5選

バイトを辞めたいと思ってる人へ辞める理由おすすめ5選

「バイト辞めたい」と思ったときに、多くの人が考えるのがバイト先への理由の説明の仕方でしょう。

長く居れば居るほど店側としては貴方が辞めると伝えたら全力で慰留されてしまうかもしれません。

今回はどうしても辞めたいけれど理由を正直に言えない場合に使える、オススメの言い訳を5種類ご紹介します。

1.留年の危機が迫っているので、学業に専念したい

学生のバイト限定で使える理由から紹介していきましょう。

最初は、やはり「学業」でしょう。

学生にとっての本分は学校での勉強。

ただし、単に「学業に専念したいので、辞めさせてください」と申し出ても、

「学業とバイトの両立は十分に可能だ、シフトを緩くするから続けてくれ」というような引き止めに会ってしまう可能性は小さくありません。

そんな慰留を避けるためには、もっと具体的な強い説明の仕方が必要です。

「このままでいくと留年が避けられません。自分にとって人生最大の危機です。

この危機を乗り越えるためには、学業に専念するしかありません。

留年は実家の経済事情から、許されないことなんです」というように説明するといいでしょう。

2.就活に専念したい

同じく、学生限定の理由としてオススメなのが「就活」です。

就活に専念したいとか、そろそろ就活の準備を始めたいといった説明をするわけです。

実際に就活中であるのであれば、「このままでは、就職浪人になりかねません。

人生がかかってますので、辞めさせてください」というといいでしょう。

人生がかかっていることなのですから、いくらでも強く出られます。

3.留学することにした

もう1つ、学生限定で使える理由があります。

それは、「留学することにした」という理由です。

「これからの人生について、真剣に考え、ライフプランを練ってみました。

その結果、今このタイミングで休学した上で留学して、語学を実地に学ぶのがベストの選択と判断しました」このように説明しましょう。

「留学なんて辞めて、うちでバイトを続けてよ」と引き止める上司や責任者は、よほどの変わり者ですし、

それに従う必要がないことは言うまでもありません。

「もうすでに、留学の手続きを済ませました」と言えば、どんな慰留も拒否できます。

4.遠方に引っ越すことになった

ここからの2つは、学生以外でも使える理由になります。

1つ目は「引っ越し」。

「今のアパートが契約更新になるんで、引っ越すことにしました。

前からぜひ住んでみたいと思っていた○○町に、手ごろな物件をみつけたんで、契約しました。

そこからですと、ここまで通うことがほぼ不可能ですので、辞めさせてください」というように説明しましょう。

引っ越し先は、バイト先から遠ければどこでもかまいません。

「大阪から東京への引っ越し」でもOK。

話にリアリティを持たせるには「遠距離恋愛」が有効です。

「東京にいる恋人の近くに引っ越すことにしたので」と説明すればいいのです。

5.実家に戻る事情ができた

同じように、物理的に通えなくなるという理由に「実家に戻らざるを得ない状況になった」というものがあります。

例えば「父親が倒れて、仕事ができなくなった。

実家は自営業なので、店を続けるには自分が父の後を継ぐしか方法はない」というような状況説明をしましょう。

あなただけでなく、あなたの両親の人生に関わる重大事なのですから、バイト先の上司や責任者は、それを引き止めることはできません。

万が一、引き止められた場合は、ケンカ腰になって見せてもいいでしょう。

「これは、私の親の人生にもかかわることなんです」と声を荒らげれば、相手は反論できなくなるに違いありません。

親の年齢がある程度高ければ、「介護」を理由にすることもできます。

いかがでしたか。

今回はバイトを辞めるためのオススメの理由を5種類紹介してきました。

学生の場合の方が辞める理由の選択肢は多くなりますが、紹介した説明の仕方をすれば、まず問題なく辞められるでしょう。

ポイントは「引き止められない理由づくり」ということになります。

ぜひ参考になさってください。

関連情報(外部サイト)