バイトを辞める時の退職届の文例と書き方

バイトを辞める時の退職届の文例と書き方

バイトを辞める時、退職届の提出を求められたり、バイト辞めるための手段として退職届を提出するというケースもあります。

今回はバイトを辞める際の退職届の書き方、出し方、送り方のポイントをご紹介します。

1.退職届の基本

書き方の説明をする前に、退職届の基本的なスタイル、提出の仕方について、説明しておきましょう。

用紙、封筒とも「白」のものを使うのが常識です。

用紙は無地であっても、罫線入りの便せんでも構いませんが、色付きのものは使わないようにしてください。

また、手書きが原則で、使用する筆記具は黒のボールペンか万年筆です。

鉛筆やシャープペンはNGです。

もし、書き間違いをしたら、必ず書き直しましょう。

あとで説明するように、退職届の内容はいたってシンプルで、用紙1枚に収まる分量のものなのですから、

横着して修正ペンを使ったりせず、最初から書き直してください。

用紙の大きさはB5かA4。

書き上げたら三つ折りにして封筒に入れます。

封筒の表に「退職届」、裏に所属部署と自分の名前を書きます。

これを直属の上司に提出するのがルールです。

2.退職届に記載すべき内容

退職届に記載すべき内容は次の通りです。

・「退職届」というタイトル

・「退職します」という意思表明の文章

・提出年月日・自分の所属部署と名前.名前の後に判を押します。

・提出先の会社名と名前.会社名は「(株)」と略さず「株式会社」と書くのが常識です。

氏名は、代表取締役社長などの代表者、最高責任者になります。

3.退職届の文例

退職届は原則、縦書きです。

最近は横書きのケースも増えてきていますが、ここでは一般的な縦書きのスタイルで、書き方を説明します。

まず、1行目の中央より少し上の所に「退職届」と書きましょう。

これが、この届のタイトルです。

1行空けて、下ぞろえで「私事」とし、次の行の頭から、退職するという意思表明を書きます。

内容は「このたび、一身上の都合により、平成○○年△月×日をもちまして、退職致します」とします。

1行空けて、提出日を書き、次の行に自分の所属部署(支店名)、さらに次の行に、下ぞろえで自分の名前を書き、判を押します。

1行空けて提出先の社名、次の行に代表者名(社長など)を書きます。

「私事」は「わたくしこと」と読みます。

意味は「私は」と同じです。

大切なのは、退職する日付を明示すること。

例えば、「平成28年3月」とだけ書いたのでは、3月1日に辞めるのか、31日に辞めるのか不確かです。

必ず、日にちも書くようにしましょう。

なお、退職理由は「一身上の都合」でOK。

具体的な説明をする必要はありません。

4.退職届の提出

退職届は、直属の上司や店長に、直接手渡すのが基本ですが、場合によっては郵送するということもあるでしょう。

その際の送り方について説明しておきます。

退職届を郵送する際は、その退職届を、一回り大きな封筒に入れて送ります。

その時に大切なのは、必ず添え状を同封すること。

添え状というのは、「退職届を郵送しますよ」という内容の手紙のことです。

退職届は仕事上の正式な書類なのですから、添え書きをしないで、送りつけるというのはマナー違反になります。

添え状は、一般的なビジネスレターの形式をとります。

例示しておきましょう。

「拝啓貴社におかれましては、ご隆昌のこととお慶び申し上げます。

さて、私はこのたび退職させていただくことになりました。

つきましては退職届をお送りしますので、なにとぞご査収ください。

お世話になりましたこと、心より御礼申し上げます。

末筆ながら、貴社ますますのご発展を、お祈り申し上げます。

敬具」

いかがでしたか。

バイトを辞める時に提出する退職届の内容やマナー、気を付けたいことについて紹介しました。

バイトであっても、社会人の常識やマナーを守って、キレイに退職したいもの。

是非、参考になさってください。

関連情報(外部サイト)