バイトを辞めるタイミングや辞め方5ステップ

バイトを辞めるタイミングや辞め方5ステップ

「アルバイトを辞めるタイミングが分からない」「アルバイトを辞めさせてくれない」といった人が多くいると思います。

そんな方の為に、「アルバイトを辞めるタイミングと方法」をご紹介します。

ブランコに乗る男性

1.何よりも素早い行動力が大切

シフト確定前や確定後といったタイミングは気にせずに思い立ったが吉日、すぐにでもアルバイトを辞める準備をしてすぐに連絡を入れましょう。

そうする事で相手もその為の準備をしてくれる事が多いです。

場合によっては「○○をくれたら、今日で辞めてもいいですよ」と言ってくれる場合もあるので、行動力というものはとても大切です。

遅れて連絡をしても苦しい時間が増えるだけです。

辞める理由ですが、「○○によってストレスが溜まって日常生活に支障をきたします」という感じに、日常生活にストレスで日常生活に支障をきたすということが書けると良いです。

接客業でそれを伝えても辞めさせてくれない時は、「過去にあったこういうことを再びお客様にされてしまったら、お客様に反射的に手を上げてしまうかもしれません」といったことを伝えることで辞めやすくなります。

2.退職届を作ろう

「アルバイトで退職届なんているの?」と、よく聞かれますが、退職届があった方が圧倒的に有利です。

手書きでも良いですが、エクセルやワードなどで作成をした退職届に印鑑を押しておけば大丈夫です。

また、民法上では雇用の期間が定められていない場合は解約の申し入れから2週間経過すれば辞められます。

「相手が退職届を受け取らない」といったケースを聞くこともありますが、その時はすぐに本社等にメールや電話を入れましょう。

3.相手に知らせる時にまずは電話を入れよう

まずは誰かしらが店内や作業場にいる時に電話を入れて相手に連絡をします。

忙しい時間帯というものは気にせず、端的に情報を伝えれば相手は簡単なメモを取ってくれるので、あとは相手にとって都合の良い時に折り返しの連絡をくれる事が多いです。

4.退職届を渡すタイミング

電話を入れたあとに相手からの特別な指示が無ければ、次の勤務または来店などをする時に退職届を渡して下さい。

タイミングは面と向かって挨拶をし終えたくらいの時で大丈夫です。

5.それでも辞めさせてくれない場合

「人手が足りない」と言われて中々辞めさせてくれない場合が多いと思います。

相手を思いやることも良いですが、本当に辞めたいという気持ちが強ければ「それでも辛いので辞めたいです」ということを強く伝えましょう。

それでも何かしらの理由をつけて辞めさせてくれない場合は、本社へメールか電話での連絡を入れるとすぐに辞めさせてくれることが多いです。

また、「未払いの賃金がある」「なぜか支払われない」といった事も聞きますが、その部分はきちんとメモに取っておきましょう。

それも本社へ連絡を入れる事でキチンと払ってくれます。

気持よくバイトを辞めよう

アルバイト先の店長などによっては、とても理不尽で厳しいことを言ってくる人がいるかもしれません。

ですが、それはあくまでも経営者側の都合に過ぎません。

勇気ある行動を取り、気持良くアルバイトを辞めましょう。

関連情報(外部サイト)