バイトを辞めたいのに辞められない時の5つの対処法

バイトを辞めたいのに辞められない時の5つの対処法

バイトを理由があって辞めたいけれど、

店舗スタッフの人数も少ないため店長から辞めることが許されなくて

辞めることが出来なくて辛い思いをしている人も多いのでしょうか。

そんなバイトを辞めたくも辞められない時の対処法をご紹介します。

1.理由をきちんと述べる

バイトであってもそこで働く従業員です。

もしも辞めるということを決めたのであれば、きちんとお店に報告をする義務があります。

バイトだから明日から辞めます。

そのような態度では店舗側も許すことは出来ません。

辞めることを決心したからには何らかの理由があるでしょう。

もしも辞めたいけれど、なかなか辞めさせてもらえない場合、その理由が不順であればお店も辞めることを許可しない場合もあります。

きちんと辞めるためには明確な理由を上司に伝え、納得してもらう必要があります。

納得できる理由であれば無理に辞めさせないということが出来なくなるはずです。

2.就業規則にのっとり辞める手順をとる

バイトをしていて就業規則というのを見たことがあるでしょうか?

もしも辞めたいといっても辞めさせてもらえない場合、この就業規則にのっとっていないという場合もあります。

大抵の場合は、辞める1ヶ月前には上司に申し出をしておかなくてはいけません。

なぜなら、自分の代わりのバイトの募集をかけ、採用をするなどいろいろな準備があるからです。

それらが出来ないうちに辞められると欠員になってしまうために、辞めることを渋られる場合があります。

自分が申し出た時期が就業規則にそっているかどうかを確認する必要がありますね。

3.別の上司に相談する

バイトが退職を申し出てもあまり相手にせず、退職届を受領せずいつまでも辞めさせてもらえないということもあります。

そんな時にはどのように対処したらいいのでしょうか?

その一つは別の上司に相談をするという方法もあります。

職場の人間関係は複雑であるときもありますよね。

自分からなかなか上司に強く言えないときもあります。

そんな時、間にもう一人上司を入れて、その上司からやんわりと伝えてもらう、そのような方法をとると角が立ちません。

また自分が直接上司と対決しなくても穏便に済ませることが出来ます。

4.パワハラではないかと考える

自分が辞めたいと言っているのに、辞めさせてくれないという時にはパワハラかな?と考えるのもありです。

特に上司がワンマンで運営をしているような会社や作業所などそのような傾向が多いのではないでしょうか?

辞めたいなと思っていてもなかなか上司のパワハラがあるために言い出せず、ずるずると働き続けるということも少なくないはずです。

そんな時には、自分で対処できることも限られてきます。

関係がこじれてからでは退職が難しくなってくるために、先にしかるべきところに相談をして対策をとっておくべきですね。

例えばNPOの労働相談センターや法テラスといったような所でも無料で相談にのってくれることも少なくありません。

5.担当の人事や会計士に相談をする

バイトで雇用契約を結んでいるときには、退職の手続きが必要になりますね。

またバイトでも収入が多かった場合には、年金や健康保険なども職場で入っているかもしれません。

その場合はそのすべての手続きが必要です。

例え上司は辞めさせてくれない場合でも、上司がそれらの手続きをすることはできませんよね。

多くの場合は人事の担当か、会計士が行うでしょう。

そのために直接相談をするのもいいでしょう。

あらかじめ出したおいた辞表のコピーなどを見せてこれに合わせて手続きをしてもらうのです。

会社は働いた分の給料を支払い、きちんとした法律にのっとった手続きを取らなくてはいけません。

そのために周りから辞めることを固めていくのもいい方法です。

バイトに入る時にも勇気がいりますが、実はバイトを辞める時にも労力を使いますし、勇気がいります。

辞めたいけれど、辞めれないときは手続きに時間がかかることも予測されるのでのためにきちんとした手順で

余裕を持った退職手続きを取ることが大切です。

関連情報(外部サイト)