バイト中にやりがいを感じる瞬間5個

バイト中にやりがいを感じる瞬間5個

ほとんどの人にとって、バイトをする最大の目的は「お金のため」でしょう。

しかし、仕事をしていると、「収入がある」ということ以外に「やりがい」を感じることが少なくありません。

今回はバイト中にやりがいを感じる瞬間をご紹介します。。

1.上司や先輩から仕事ぶりをほめられる

バイトを始めるときに、最初に最も密接に関わる人は「上司と先輩」です。

最初はとにかく「仕事を覚える」ということが唯一にして最大のテーマになるわけですから、

仕事を教えてくれる上司や先輩から仕事のレクチャーを受けるところから、バイト生活はスタートするわけです。

当然、最初のうちはスムーズに仕事をすることはできません。

ミスもあるでしょうし、上司や先輩から叱られることも少なくないでしょう。

それが、経験を積むうちに、上司や先輩から「仕事、覚えたね」とか「よくやってるじゃない」、

「すっかり一人前になったね」とほめられると、バイトのやりがいを感じるのです。

もっとも身近にいて、最初から自分のことを見ていてくれている人にほめられるほど、やりがいを実感することはありません。

2.接客業で、お客さんから感謝される

バイトの職種はさまざまですが、接客業のバイトの場合、

「お客さんから感謝される」というのも、やりがいを感じる代表的なケースです。

人から感謝されて、喜びを感じない人はいません。

特に、努力してやった仕事で感謝されると、その手ごたえと喜びは、いっそう大きなものになると言っていいでしょう。

ですから、自分が一生懸命に仕事をした結果、お客さんから「ありがとう」と言われると、

「この仕事をしてよかった」と、大きなやりがいを感じるのです。

3.責任のある仕事を任される

上司や先輩からほめられるだけでなく、自分の仕事を認められて、

より重要な仕事を任されるのも、バイトのやりがいにつながると言っていいでしょう。

ただほめられるだけでなく、実際に任される仕事がグレードアップするのですから、「自分の成長」をより明確に実感できるわけです。

自分の努力でスキルアップして、その結果、仕事のレベルが上がるのですから、やりがいを感じないわけがありません。

当然、自信にもつながり、それが仕事のモチベーションを高め、キャリアアップするケースも少なくありません。

そうなると、いっそう「やりがい」を感じることができるわけです。

4.後輩から目標にされる

そのようにして、スキルアップし、場合によってはキャリアップしていくと、

今度は後輩との関係から「やりがい」を感じることも出てきます。

かつて自分上司や先輩からそうしてもらったように、後輩に仕事をレクチャーすることもあるでしょう。

そして、後輩から頼りにされ、慕われ、「目標にしてます」と言われれば、大きなやりがいを感じるに違いありません。

実際にはキャリアアップをしていなかったとしても、「後輩から頼られる」というのは、

まちがいなく仕事のキャリアを積んできた証拠です。

「ここまでがんばってきてよかった。これからもがんばろう」と感じるにちがいありません。

つまり、後輩からの評価が、「この仕事はやりがいがある」という認識につながるのです。

5.努力目標やノルマを達成できた

職種によっては、仕事にノルマが課せられたり、努力目標が設定されるケースもあるでしょう。

中には厳しいノルマに苦しめられることもあります。

しかし、ノルマがきつかったり、努力目標が高かったりするほど、それを達成したときの充足感は大きくなります。

そして、その充足感が、バイトの「やりがい」につながるのです。

誰にほめられることがなくても、自分で自分を評価することができれば、バイトにやりがいを感じることができるわけです。

いかがでしたか。

今回はバイトのやりがいについて、5つのケースをピックアップして、具体的に説明してきました。

収入目的で始めるバイトではあっても、どうせやるなら、できるだけ「やりがい」を感じながら仕事をしたいもの。

参考になさってください。

関連情報(外部サイト)