バイト休みたい病にかかってしまった時の対処法4個

バイト休みたい病にかかってしまった時の対処法4個

色々な理由で何かしらのアルバイトをしている人、したことがある人がほとんどでしょう。

そして、その中の多くの人が、アルバイトを休みたいと考えたこともあると思います。

時には、休みたい気持ちが強すぎて本気で悩むこともあると思います。

今回はそんなバイト休みたい病にかかってしまった時の対処法をご紹介します。

1.具体的なお金の使い道を考えてみる

アルバイトは大体時給計算です。

ですから計算もしやすいですよね。

そして、働けば働くだけ収入が増えます。

アルバイトを休みたいと思ってしまったら、お金のことだけ考えてみましょう。

「今日頑張っていけば5,000円稼げるんだ」「今日休んだら5,000円損する」と思うようにします。

更に、そのお金の具体的な使い道を考えてみると、更にやる気をアップすることができます。

「5,000円で○○を買おう」というような形です。

そうすれば、使い道の為に頑張ってアルバイトへ行こうと思えると思いますよ。

2.何か一つ楽しいことを考えてみる

アルバイトを休みたいことには理由があると思います。

また、そのアルバイトを選んだ時の理由もあると思います。

そこで、選んだ時の理由を思い出して、楽しいこと、楽しみなことを一つでも何か思い出してみるのです。

例えば、アルバイトをしている中でもこの仕事が好き…だとか、店長がキレイな人…だとか、あの制服が好き…だとか、何でも構いません。

何か一つでも思い出してみて、そのことだけを考えて仕事へ行くようにします。

嫌だと思っている時には嫌なことばかりに目が行ってしまうものですが、楽しいことに目を向けてみましょう。

3.他のアルバイトを始めてみる

今のアルバイトは辞めるくらいのつもりで、他のアルバイトを探してみましょう。

しばらくは掛け持ちで行うことになるとは思いますが、とてもオススメの方法です。

もちろん、今のアルバイトよりも良いアルバイトが見つかることはあると思います。

また、新しいアルバイトを探していくことで、今のアルバイトの良いところに改めて気がつかされることもあります。

どちらにせよ、良いアルバイトと出会えるチャンスですので、気分転換という意味でも、新しいアルバイトを探してみましょう。

4.しばらく休んでみる

休みたいと思うのであれば、しばらく休んでしまえば良いでしょう。

勉強が忙しくて、就活が始まるので、親がうるさいので…なんでも理由は考えられると思います。

一度休めばリフレッシュできますよ。

また、収入がいきなりなくなることで、アルバイトの大切さに気がつかされることでしょう。

更に、休みたくて仕方がなかったアルバイトも、一度休んでみると、恋しくなる瞬間が必ずありますよ。

そのうち休んでいることに耐えられなくなってきて、再びアルバイトへ行くことができるようになると思います。

いきなり今までと同じ量だけ入れずに、少しずつ増やしていくように入れてもらえば、良い形で戻れますよ。

まずは体のためにも心の為にも一度休んでみてくださいね。

いかがでしたか。

アルバイトは、何か他にメインでやっていることがあって、サブで行っている人が多いものです。

ですから、休みたいと思っている時には無理をしないことが大切です。

休みたいなら休んでみれば良いでしょう。

また、お金のことだけ考えたり、楽しみだけ考えたりすることも、アルバイトだからこそ簡単にできることです。

正社員ほど責任がない立場なのでできることです。

ですから、時にはアルバイトという立場に甘えてみて良いと思いますよ。

それなりに楽でそれなりに楽しくアルバイトを続けることができれば一番です。

自分のペースでアルバイトをして、できるだけ長く続けていけると良いですね。

関連情報(外部サイト)