バイトを休む時に代わりの人を探す方法3個

バイトを休む時に代わりの人を探す方法3個

何かしらの理由でアルバイトを休まなければならなくなる時はありますよね。

基本的にはそのことが分かり次第職場に伝えれば良いだけですが、伝えるのが遅くなればなるほど、申し訳ない気持ちでいっぱいになるものです。

そんな時には、代わってくれる人を自ら探して伝えた方が、申し訳なさもなくなって、職場も助かって、一石二鳥です。

それでは、代わりの人を探す方法はどのようなものがあるのか、今からご紹介します。

1.グループLINEで募る

最も簡単なのは、アルバイト仲間でグループLINEを作り、そこで募集することです。

「○月○日、○○な理由で出られなくなってしまったのですが、代わっていただける方いますか?」という形でLINEを送ってみましょう。

誰かしら空いている人はいるものです。

最悪、シフト時間全部が埋まらずとも、一部だけでも出られる人がいれば、そのことを職場に伝えてみましょう。

また、グループLINEを作れるような、急な時にアルバイトの代わりを頼めるような、そんな関係性に日ごろからなっている必要があります。

その方法として、定期的な飲み会だったり、職場への行き帰りで話しておいたりして、仲良くなっておく必要があります。

また、バイトを代わってくれる人が見つかったら、そのことは自分自身で職場に伝えるようにしましょう。

そして後日、バイトを代わってくれた人には直接感謝の気持ちを伝えるとともに、いつか同じように代わってあげるようにしましょう。

2.個人的に連絡する

グループLINEがない場合、もしくは、どうしても代わりを見つけなければならない場合は、すぐに引き受けてくれそうな人に個人的に連絡することです。

その時のためにも、同じ大学の友達…など、バイト以外のつながりがある人をあらかじめ同じバイトに誘って一緒に働いておきましょう。

もともとの友達であれば、急なお願いでもしやすいですし、お互いの性格や状況なども理解し合っています。

そこまで距離が近くない人からの頼みなら断られるところも、距離の近い人からの頼みであれば引き受けてくれることもあるものです。

もしも、友達と同じバイトなど嫌だと思っていたり、誘ってもなかなかいなかったりした場合は、バイト内で仲の良い友達をあらかじめ作っておくことです。

もちろん、こういった時のために作っておくのではなく、ただ単に自然に友達を作っておくのです。

普段からフレンドリーに色々な人と話していれば、自然とその中でも気が合う人はできるものです。

プライベートでも会うような関係になる人も出てくるでしょう。

そういった友達が一人でもいれば、バイトの代わりを頼むこともできれば、普段から仕事中も助け合いやすくなりますよ。

3.初めての人を紹介する

どうしても今のアルバイト仲間には頼めそうな人がいないのであれば、初めての人にでも声をかけてみましょう。

その日一日だけでもピンチヒッターで出たいという人はいるかもしれませんし、丁度バイトを探していたという人もいるかもしれません。

友達やクラスメイトなど、声をかけまくってみましょう。

そして注意しなければならないのは、職場に早く伝えることです。

初めての人でない場合でも早めに伝えるべきですが、それ以上に早めに伝える必要があります。

初めての人の場合、代わりが見つかったのは良いものの、仕事を教えるだけの余裕がなければ意味がありません。

「新しくアルバイトを始めたい友人がいて、その日に丁度出られるそうなのですが…」という形で伝えてみましょう。

また、初めての人は受け入れてくれず、断られる可能性も考えて、友達にもそのことはあらかじめ伝えておきましょうね。

バイト休みの際に代わりの人を見つけよう

どのような方法にせよ、普段からの信頼関係が大切になってきます。

いざという時頼れるような関係性を普段から築いておきましょう。

また、一つ一つの行動は速やかに行いましょう。