バイトを休む時に使える理由や言い訳5つ。納得される理由を伝えよう

バイトを休む時に使える理由や言い訳5つ。納得される理由を伝えよう

アルバイトというのはシフトになっていることがほとんどなので、自分が出勤できる日に働けばいいのですが、気分的に落ち込んでいる時や体力的にきつい時などは出勤日であっても休みたいと思うものでしょう。

ですが、そんな時にバイトを休む時は正当な理由が必要になります。

嘘であっても嘘だとわかってしまうような言い訳はその後の人間関係にも影響するので、休むときはうまい理由を考えましょう。

休む女性

1.風邪を理由にする

風邪などの体調不良を理由にするのは一番いい方法です。

電話で休む連絡をしなければいけないような時は風邪声や鼻づまりであることをアピールする必要もあるので、不自然さを出さないようにすることは難しいですが、メールで休む連絡をするのもOKな職場であれば大丈夫です。

電話で連絡するような時は胃腸風邪やインフルエンザなど、風邪声や鼻声でなくても大丈夫な体調不良を選ぶといいでしょう。

ですが、入院が必要な病気や怪我などは後々面倒な展開になってしまうことも多いので避けましょう。

飲食店であれば胃腸風邪の感染はとても怖いので、すんなりと休める可能性も高くなります。

2.家庭の事情を理由にする

身内に不幸ができたり、冠婚葬祭関係だと本人の意思で休むのではなく、仕方のないことで処理されることも多いので、急に休みたい時の理由に使えるのでいいでしょう。

ですが家庭の事情関係は何度も続くと不信感を抱かれるので注意です。

連続して休む理由にしないほうが良いでしょう。

また、家族と同居している人であれば家族が自由に行動していることでバレてしまうこともあるので、家族の行動を知られないようにすることも大事です。

一番利用できるのがお葬式ですが、お葬式は身内、親せきの誰かを亡き人にしなければいけないので、お葬式を理由にするのは1,2回程度が好ましいでしょう。

あまりに多いと不自然に思われますし、罪悪感も芽生えてしまうものです。

3.バイトの日を勘違いしていた

バイトに行く日を間違えていて、休みだと思っていて、別の予定を入れてしまった、というのもバイトを休み理由に使えます。

ですが、それが一人で遊びに行ったりどうにでもなりそうな予定出れば休む理由として認められないこともあるので、できるだけ大事な予定を入れてしまったという理由にすることが大切です。

家族で行く遠出や、友人と約束した予定であれば自分の意思だけでは変更できないので、バイトを休む理由としても納得してもらえるということが多いです。

また、学生であれば試験や資格取得関係の予定を理由にもできるでしょう。

主婦であれば、子供のイベント、行事なども理由にすることができます。

4.バイトに行けない距離の場所にいる

バイトの日の前日に遠出をしてしまい、渋滞や公共交通機関の関係でバイト先まで行くことができないというのもいい理由にできます。

行きたくても行ける環境でなければバイト先の人も来ないと駄目だといいにくいですし、現実的にバイト先に行くことが不可能出れば、諦めるしかありません。

また、バイト当日に車で出かけた際にパンクしたり、渋滞に巻き込まれたというのも、車通勤の人であれば理由として使うことができるでしょう。

ですが、バイト先からはばれない距離でパンクしたり渋滞した、ということにしなければなりません。

しかし、自転車通勤やバス通勤の場合は徒歩でも行けることが多いので、勤務先が遠いという人に使える理由でもあるでしょう。

5.人身事故に遭遇してしまった

自分自身が事故にあってしまったということは周囲も心配するのでなかなか嘘の理由にできませんが、他人の人身事故に遭遇してしまったということなら理由にできます。

救急車を呼んだり、事故にあった人の手助けをしているということであれば自分自身は無傷でいても違和感はありません。

また、人身事故により交通規制が行われるということも多いので、それによってバイトを休まなければいけないという理由にしてもいいでしょう。

ですが、長時間の勤務予定であれば、来れるようになったら少しでも勤務してほしいと言われるようなこともあるので、長時間の勤務予定の時には使わないほうがいいでしょう。

午前中だけ、午後の数時間だけ勤務予定だという時に使うことはできます。
ただし人の不幸をネタにするという点でモラルの点では注意が必要です。

バイトを休むときは上手に理由を伝えよう

バイトを急に休みたい時、休まなければいけないような時というのはあるでしょう。

ですがうまく休む理由を伝えることが大事です。

嘘が丸わかりだったり、休むことに対しての配慮がないようだと、バイト先の人も怒りの感情が湧いてしまいます。

本人には出勤する意思は見られるが、事情があって出れない、というようにすることが最適です。

長時間働く予定だったのか、短期間の勤務だったのかによっても休む理由は変えなければいけないので、自分のバイト状況によってうまく使える理由を選んでいくと、バイト先の人との関係にも溝を作らずに済むでしょう。

関連情報(外部サイト)