バイトが憂鬱な時の原因と対処法5つ。経験を積んで気持ちを切り替えよう

バイトが憂鬱な時の原因と対処法5つ。経験を積んで気持ちを切り替えよう

アルバイトを初めて最初のころは、緊張感や期待感の方が大きかったのではないでしょうか。

憂鬱感が出るというのは、仕事に少し慣れて余裕が出てきた証拠でもあります。

なるべく、仕事の時は憂鬱感をなくして明るい気持ちでいられるほうがいいですね。

バイトで憂鬱になったときの対処法をご紹介します。

憂鬱な顔をする男性

1.仕事に余裕が出てきたのだと考える

緊張感があった最初のころは、仕事を覚えるのに必死、人になじむのに必死だったと思います。

憂鬱感の原因は、仕事に慣れて、新しくいろいろな物事が見え始めたという証拠でもあります。

本当は、憂鬱感を感じるというのは、仕事に余裕が出来てきたということでいいことなのです。

憂鬱感の原因はなんでしょうか?仕事が沢山山のようにあって忙しいことでしょうか。

それとも、職場の人間で嫌なタイプの人がいるということでしょうか。

その原因によって対処法も変わってきます。

2.仕事が忙しすぎることが原因の場合、効率化を考える

仕事が忙しすぎて、バイトに出ると目が回るということを考えて憂鬱になるという場合。

仕事の忙しさの原因は何でしょうか?人手が足りない、自分の仕事のペースが遅い、色々考えられるでしょう。

明らかに、人手が足りなくて自分ばかり仕事をしてしんどい状況ならば、環境を改善してもらうことを申し出ても良いと思います。

もし、自分の能力が劣ることや、無駄な作業に時間を取られて忙しくなってしまっているならば、そういった点を改善していくように努力すべきでしょう。

仕事では、丁寧なことはもちろん、スピードが大事なことも多くあります。


アルバイトでも、接客、作業系、いろいろあると思いますが、どんな仕事をするにも、仕事の流れをしっかりつかんで無駄をなくして効率よく仕事をすることは大事です。

何が問題なのかしっかり見極めましょう。

解決していくことで、より仕事が効率よく進んで余裕もできたら楽しくなってくるはずです。

また、自分に沢山仕事をまかされるということは、スキルアップのチャンスと前向きにとらえましょう。

3.嫌な人がいる場合、共通の話題からコミュニケーションを

大勢の人が集まるアルバイト先です。
自分の苦手な人の一人や二人はいてもおかしくありません。

苦手な人とシフトが一緒になったり、苦手な人とどうしても働かなければならない状況であったりすると憂鬱になるのは当然でしょう。

苦手な人を無理に好きになろうとしなくても良いですが、コミュニケーションはしっかり取る必要があります。

仕事では、コミュニケーションを取らないとやっていけないことが多くあるからです。

苦手な人がいる場合、その人のことばかり考えて本来の業務が手につかなくなるということが問題です。


今日はあの人に何か言われるのではないか、またあの人はあんな態度を取るのかな、一言なにかいってやりたいけどどうやって切り出そうかな、などと頭の中をその人のことばかりにする暇があるのなら、仕事の効率がどうしたらよくなるか、どうしたら仕事が楽しくなるかということに集中したほうがよっぽど自分のためになります。

苦手意識があるほど、相手を見ない人が多いですが、苦手な人ほど良く観察してみることも大事です。

その人には、もしかしたら仕事に対してまじめな部分があるかもしれません。

意外なものが趣味だったり、プライベートではいい部分を見せているのかも知れまん。

別の一面を知ってしまうと、苦手意識が薄れることがあります。
苦手と思わずに、積極的にいろいろと質問してみてその人のことを知ってみるというのも一つの案です。

その人との共通点などはありませんか?
人は、共通点があると、親しみがわき近づきやすくもなるものです。

嫌い、苦手という気持ちは必ず相手に伝わります。
余計に相手も自分を嫌ってしまいます。

嫌な相手にも笑顔で対応、ときには嘘でも相手を誉める、社会ではそうしないとやっていけないことは多くあります。

4.仕事が暇な場合、アイディアを出して自分の出来る幅を広げよう

場合によっては、仕事が暇でしかたないという人もいるのではないでしょうか。

沢山働きたい人にとって、暇なのはとても憂鬱なことです。
することがない、ということはどういうことなのでしょうか。

自分に仕事が任されないというマイナスなこともありますし、そもそも仕事があまりないという場合もあります。


仕事があまりないというときは、自分で出来ることを見つけるチャンスです。

なにか、いいアイデアはないかを暇な時間にいろいろと考えましょう。

仕事があまりないのにお金がもらえるというのは、とてもうらやましいことでもあります。

その状況には感謝しましょう。

5.やりたい仕事ではない場合、仕事の中からやりがいを見つけよう

アルバイトを選んだのは自分です。
やりたい職種を選んだはずですが、ついてみたものの、イメージと違った、やりたいこと以外のことをやらされている、と思う人もいるのではないでしょうか。

仕事で、自分だけがやりたいことをできるとうことは、あまりないと考える方が良いでしょう。

レジ打ちが得意でレジばかりやりたいと思っていても、包装作業や、接客販売などをしなければならないこともあります。

調理の仕事で応募したのに、お皿ばかり洗っているということもあります。

募集内容と、実際の仕事に違いがあるのはよくあることです。

どんな仕事でも意味のないことはありません。

与えられた仕事をきちんとこなせる人だけが、本当にやりたい仕事ができるようになるのです。

経験を積んで様々なパターンに対処しよう

アルバイトで憂鬱になる原因と対処法をいろいろと考えてみました。

アルバイトの経験もあまりないと、仕事内容や人間関係で思い通りにならない部分は沢山出てくると思います。

経験をたくさん積んでくると、いろいろなパターンを学習して、気持ちの切り替えも上手になってくるでしょう。


憂鬱になるのは悪いことではありません。

体が丈夫で仕事ができるというのは幸せなこと。

いろいろなことにチャレンジして悩んで、成長していきましょう。