バイト先で信頼されない人の特徴5個

バイト先で信頼されない人の特徴5個

社会で働く第一歩として、またはお金を稼ぐ方法として、その他様々な理由でアルバイトをする人は少なくありません。

アルバイトでは色んな人間関係がありますが、その中でも「この人のことは信用できないな」と直感的に感じる人っていますよね。

アルバイト先で信用されない人とはどのような人なのか、特徴をご紹介します。

1.遅刻や欠勤が多い

自身の急な体調不良、家族や親戚の葬儀や法事、学校の都合、

そして最悪は連絡無しのドタキャンなど、様々な理由をつけて遅刻したり欠勤を繰り返す人がいます。

そのほとんどは嘘で、実際は「バイトに行くのが面倒になった」「遊びたいから」「忘れていた」などという身勝手極まりない理由によるものです。

1人が休むと、どうしても他の誰かに穴を埋めてもらう必要が出てきます。

その人1人が、決まっていたシフト通りに出勤しないことで、バイト先の店長のみならず、他のスタッフにも多大な迷惑をかけているのです。

たかがアルバイト、と考えて遅刻や欠勤などを繰り返すと、アルバイト先での評価は最悪になり、

スタッフからは軽蔑の目で見られることになってしまいます。

2.言い訳が多い

仕事やアルバイトでは、誰にだってミスはつきものです。

わざとやったわけではなくても、また、正しいと思って一生懸命やった結果でも、ミスと判断されることがあります。

その時に素直に「すみませんでした」と謝り、次に同じことを繰り返さなければ良いのですが、

「バイト先で信用されない人」はあれこれ言い訳を並べて自分を正当化しようとします。

挙げ句の果ては、その責任を人に押し付け、まるで自分は関係ないかのように振舞ったりもします。

人間誰でも失敗はありますし、特にアルバイトのミスはよくある事です。

大切なのは「誠実な謝罪」と「失敗を繰り返さない」ということです。

3.言動に一貫性がない

「話が二転三転する」「相手やその時の気分によって態度がコロコロ変わる」「言っている事とやっている事が違う」など、

何事も筋の通っていない人・矛盾した人は信用できないものですよね。

当の本人は、適当にその場をやり過ごしているつもりでも、周りの人はしっかりとそれを見ています。

挽回しようと、仕事に関して熱く語ったり知識をひけらかしても、そこに行動が伴わなければ意味がありません。

むしろ「口だけの人」と見なされ、さらにマイナスイメージが定着してしまいます。

思ってもいないこと、出来もしないことは言わないことです。

自分の言動に責任を持ち、有言実行を心がけたいですね。

4.損得勘定で行動する

「それって、僕に何のメリットがあるの?」など、物事をメリット・デメリットでしか考えず、それによって周りに不快感を与える人がいます。

そんな人もバイト先ではまず信用されないでしょう。

損得勘定で行動する人を、周囲は自然と見抜くものです。

そして「そんな風に考えていたのか」「自分の利益のことしか考えていないのか」と失望し、その人の周りには人が寄り付かなくなっていきます。

仕事や人間関係は損得勘定ではかれるものではありません。

強いて言うなら、それによって人間関係を失うことの方がよっぽど「損」ではないでしょうか。

5.口が軽く、おしゃべりである

言わなくてもいい事をペラペラと人に話してしまう人や、

「ここだけの話」と言われたのに簡単に口外してしまう人など、お喋りな人はなかなか信用されません。

この人に喋ったら次の日にはバイト先に話が広まっている…なんてことも。

「おしゃべり」は、良くいえば「社交的」なのですが、

一方的に喋り倒したり、会話のキャッチボールが成り立たないと、周囲から浮いてしまいます。

また、「口が軽い人」と見なされてしまうと、重要な仕事などを任せてもらえなくなったり、

何か顧客情報等が漏えいした際に真っ先に疑われるなど、バイト先での立場がどんどん悪くなっていきます。

いかがでしたか。

このように、バイト先で信頼されない人には必ず何か問題点があります。

本人はそれに気づいていないことがほとんどですので周囲がそれとなく注意してあげるとその人のためになるでしょう。

アルバイトだろうと正社員だろうと、働くうえでスタッフ同士の信頼関係は無くてはならないものです。

決して「私は大丈夫」と思わず、このような人を反面教師にすることで、周囲から信頼される人でありたいですね。

関連情報(外部サイト)